同志社グリークラブ 公式ブログ

2010年8月14日

HPをご覧の皆様、こんにちは。三回生副指揮者(HP担当サブ)の神谷亮太です。
今回は演奏旅行終盤、横浜での三大学ジョイントコンサートの様子をお伝えします。
8月14日(土)神奈川県立音楽堂にて、横浜国立大学グリークラブ・東北大学男声合唱団・同志社グリークラブの三大学でのジョイントコンサートを開催致しました。
DSCF1032.jpg
上の写真は三大学のエール交歓の様子です。写真一番左側、黒いスーツの一団が我が団です。※今回はフレッシュの衣装の都合でステージコートを使用しておりません。
DSCF1034.jpg
続いてこちらは、第1ステージの我が団単独ステージの様子です。
曲目は先日の静岡演奏会第4ステージの「祈りの風景」と同じでしたが、今回は第78代学生指揮者の森崎公平の指揮でお送り致しました。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、横浜ではホールの特性を鑑みて通常とは異なるオーダーで演奏致しました。いかがでしたでしょうか?(※写真左側からTop,Second,Bass,Baritoneの順で並んでいます。まあ、一部例外もありますが・・・)
また合同ステージでは「ごびらっふの独白」等男声合唱の著名な曲を、様々な曲集からピックアップして三大学で演奏致しました。
以上横浜でのジョイントコンサートを無事に終え、翌朝現地にて解散し、今夏の演奏旅行も全日程を消化致しました。
演奏旅行中は言わずもがな、準備の段階からOBの皆様や静岡同志社クラブの方々等関係各位の皆様から沢山の御支援を承りました事、この場で恐縮ではございますが、心からお礼申し上げます。
また静岡・横浜両コンサートに御来場頂きました沢山のお客様にも、厚くお礼申しあげます。
本当に有難うございました。
さて同志社グリークラブでは今後、秋の合唱コンクール出場や定期演奏会に向けて練習を重ねていく予定です。今後とも、同志社グリークラブを宜しくお願い致します。
(つづく・・・)

2010年8月14日

HPをご覧の皆様、こんにちは。三回生副指揮者(HP担当サブ)の神谷亮太です。
今回は前述の静岡演奏会での第3ステージの様子を紹介します。
静岡での演奏会の第3ステージでは地元静岡の「静岡雙葉高等学校・中学校聖歌隊」に賛助出演して頂きました。
このステージではまず女声だけで「Kyire」「Ave verum corpus」を演奏して頂いた後で、雙葉学園校歌を我が団も参加して「混声」で演奏致しました。
DSC_0124-2.png 
静岡雙葉学園さんの歴史も古く1903年創立と耳にしていますが、その歴史の中で、校歌は女声2部コーラスでずっと歌い続けられてきたそうです。
そうした伝統ある校歌を今回(恐らく)史上初めて混声4部に編曲して、我が同志社グリークラブと聖歌隊の皆様とで演奏させて頂きました。
レセプション会場で地元の静岡雙葉学園関係者の方々とお話しさせて頂きましたが、混声版校歌は比較的好評だったようです。
ちなみに「この混声版を誰が編曲したのか」という御質問をレセプション会場にて度々頂戴しましたが、現役のとあるグリーメンが編曲したものである、とだけ申し上げておきます。
きっと本人は、誰が編曲したのか公表されたくないでしょうから(苦笑)
こうして無事に静岡での演奏会を終え、翌日は横浜に移動し、翌々日(14日)の横浜でのジョイントコンサートにむけて合同練習に臨みました。
そしていよいよ演奏旅行最後のイベント、横浜でのジョイントコンサートの話に移ろうと思います。
つづく・・・

2010年8月14日

HPをご覧の皆様、こんにちは。三回生副指揮者(HP担当サブ)の神谷です。
今回は8月12日に行われました静岡演奏会の様子を呟きます。
8月12日(木)に、静岡駅近くの静岡音楽館AOIにて「静岡同志社クラブ創立60周年記念 同志社グリークラブ静岡演奏会」を開催致しました。
開演に先立ちまして、学校法人同志社の野本真也理事長と、静岡雙葉高等学校・中学校の大川輝之校長からご挨拶を頂き、Doshisha College Songの演奏からスタートしました。
第1ステージは「Our All-time Favorite songs」と題しまして、愛唱曲6曲(大学歌,赤とんぼ,夢見たものは,Ev’ry Time I Feel the Spirit,上をむいて歩こう,最上川舟唄)を演奏致しました。
このステージは拙い私の指揮でしたが、上回生、フレッシュ(一回生)のみんなの協力のおかげで、何とか大きなミスも無く演奏を終える事が出来ました。現役の皆さん、本当に有難うございました。
そういえばこの第1ステージは私のMCで進行致しましたが、実は本番の10分前にMCを入れる事が決まったために準備不足で、拙いMCとなってしまいました。演奏会に御来場頂いた皆様、お耳汚しで大変失礼致しました。
第2ステージでは男声合唱組曲『白き花鳥図』(作詩:北原白秋,作曲:多田武彦)を第78代学生指揮者森崎公平の指揮で演奏致しました。演奏全体の結果について、一歌い手の私としてはコメントできる立場にございませんが、個人的には終曲「白鷺」にてソロをさせて頂きましたので、非常に思い出に残るステージでした。
第3ステージは前日お世話になりました「静岡雙葉高等学校・中学校聖歌隊」の皆様の賛助出演ステージでした。詳しい事はまた別の記事にて・・・
第4ステージでは、技術顧問の伊東先輩の指揮で「祈りの風景」と題して宗教曲4曲を演奏致しました。先の東西四連で演奏した曲や今秋のコンクールの課題曲等を中心に構成されたこのステージでは、上回生とフレッシュ全員での歌声がAOIホールによく響いていたように感じました。

DSC_0124-1.png

アンコールには御来場頂いたOBの方々にも御登壇頂き、「Hail Our Glee Club」を演奏し、ロビーストームをした後、関係者一同でレセプションを行い、無事に静岡での演奏会を終える事が出来ました。
この場をお借りしまして、御来場頂いた皆様、様々な御協力を頂きましたOBの皆様、その他関係各位の皆様に厚くお礼申しあげます。
さて、次は第3ステージのお話を・・・
つづく・・・