同志社グリークラブ 公式ブログ

2011年7月11日

2011年7月11日

HPをご覧の皆様、こんにちは。四回生学生指揮者の神谷亮太です。

更新が滞っていた間に幾つか活動の機会がありましたので,まとめてご報告致します。

まず6月19日(日)に京都府民ホールALTIで行われましたエール大学ウィッフェンプーフスの演奏会に,賛助出演をさせて頂きました。
私の記憶が正しければ二年ぶりの出演でしたが,今回はフレッシュを含め40人ほどでステージに立たせて頂き,愛唱曲を披露致しました。

次に,2つの埼玉県の中学校との合唱交流会についてご報告致します。
6月27日(月)には寒梅館ハーディーホールを利用して豊春中学校の,また7月7日(木)には神学館礼拝堂を使用して鷲宮中学校の3年生と合唱で交流する機会がありました。
どちらの学校とも近年は毎年修学旅行の一環として我が団との交流の機会を設けて下さり,部員一同中学生の良い思い出となるように精一杯演奏を致しました。
この交流を通じて,将来同志社大学に進学し,我が団に入ってくれる子がいてくれたら良いなぁ,と密かに思っています(笑)

そして去る7月3日(日),第60回東西四大学合唱演奏会が無事に終了致しました。
今回は早稲田大学グリークラブが幹事校で東京開催(昭和女子大学人見記念講堂)となりましたが,我が団の関係者の方にも多数御来場頂きました。厚くお礼申し上げます。
我が団は単独ステージで『永訣の朝』(詩:宮沢賢治,曲:西村朗)を演奏致しました。
私自身一人の歌い手でしたので客観的な評価は出来ませんが,アンケート等ではなかなかの評価を頂いており,学指揮としては少しホッとしています。
そして合同ステージではベートーベンの『交響曲第9番より第4楽章』を演奏致しました。
この震災の年に男声合唱による第九を演奏出来た事は,四大学の学生全員にとってとても印象深い経験だったものと思います。

さて,駆け足で4つの演奏機会について述べてまいりましたが,四連の開催をもって我が団の前期の活動がほぼ終了致しました。

そこで今後に目を向けますと,8月24日(水)のサマーコンサートを筆頭に,コンクールや依頼演奏,定期演奏会と後期もイベントが盛り沢山です。

この場をお借りして,前期に頂戴しました数多くのご支援に改めてお礼を申し上げるますとともに,後期も変わらぬ暖かいご支援を頂きますよう,宜しくお願い申し上げます。

それでは今日はこのあたりで。

以上、四回生学生指揮者の神谷でした。

合同ステージ.jpg

第60回東西四大学合唱演奏会 『交響曲第9番 (ベートーヴェン・男声合唱編曲版)』合同ステージ
豊春中学校.jpg
豊春中学校との交流演奏会
ウィッフェンプーフス集合写真.jpg
ウィッフェンプーフスとの合同写真
単独演奏.jpg
ウィッフェンプーフス演奏会での単独ステージ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です