同志社グリークラブ 公式ブログ

2012年4月20日

2012年4月20日

4月20日(金)に4回目のフレッシュアンサンブルを行いました。今回練習した曲は宗教曲「The Load Is My Shepherd」です。

 

本日の練習には我が団のヴォイストレーナーを務めていただいている石原祐介先生にご来談いただき、発声を見ていただきました。新入生を始め、全員が先生の指導を熱心に聴いていました。

 

全体で発声を見ていただいた後は、フレッシュ1人1人の発声を見ていただきました。また、この個別指導はパート分けも兼ねています。

同志社グリークラブの強みの一つとして、はこうしたプロの先生から個別指導を受けられ、どんどん合唱技術を磨けるところがあります。

同志社大学がキリスト教を徳育の基礎としていることもあり、同志社グリークラブでも讃美歌などの宗教曲を歌う機会が多くあります。「The Load Is My Shepherd」もそんな宗教曲の一つで。これまで練習してきた応援歌などとはまた異なった曲調を持つ曲です。

フレッシュたちは慣れない英語に苦戦しつつも、アンサンブルでは上回生に混ざってしっかり歌ってくれました。

 

次回の練習は4月23日(月)の16:45から京田辺別館3Gで行います。

また、土曜日と日曜日には同志社グリークラブで「コーラスめっせ」という合唱イベントに参加します。演奏会や有名な先生による合唱講演会など、朝から晩まで合唱とふれあうことができるイベントです。我々同志社グリークラブの上回生も演奏をおこないます。フレッシュの子たちは是非一緒に聴きに行きましょう!

また、興味をもたれた方がいらっしゃれば、是非「コーラスめっせ」まで、足をお運びください。

 

 

DSCN3634.JPG

個別ボイトレの風景。先生の指示に従って、フレッシュたちは声の出し方を学んでいます。

DSCN3623.JPG

先生によるボイトレの裏でパート練習、およびアンサンブルを実施。場所は練習場3F。

 

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です