同志社グリークラブ 公式ブログ

2012年6月13日

こんにちは。学生指揮者の藤井です。

東西四大学合唱演奏会に向けた関西学院グリークラブとの合同練習についてご報告いたします。
京都合唱祭が終わり、上回生はいよいよ四連に向けて大詰めを迎えています。今日は関学との合同練習のため、関学グリーの練習場「グリーホール」まで行ってきました。阪急仁川駅から徒歩20分くらいにありますグリーホールは新月会の強力なバックアップをもとに、冷暖房完備で四六時中使える、関学グリーのためだけに建てられた練習場だそうです。
合同練習では”WICKED”Choral Highlightsを関学グリーの指揮者、広瀬康夫先生,ピアノを細見真理子先生・市川奈巳先生のもとで歌いました。広瀬先生の情熱的な指揮と四手の力強いピアノで、合唱団のボルテージも高まり、気づけばあっと言う間に時間が過ぎていました。良き仲間であり、ライバルでもある関学との合同練習ではいい刺激をたくさん受けることができました。
これから先、単独曲も合同曲も力いっぱいの演奏ができるよう、最後まで走り続けたいと思います

2012年6月10日

こんにちは、学生副指揮者の長谷川です。
京都合唱祭に出演しましたので、そのご報告をします。
同志社グリークラブは、6月10日の最後のグループに出演しました。

私たちは宮城県民謡の「斎太郎節」と松田聖子さんの「瑠璃色の地球」を歌いました。全く毛色の違うこの二つの曲ですが、同グリの様々な姿をお見せできたのではないでしょうか?
京都合唱祭は、フレッシュにとっては初めてのステージでいささか緊張している様子が見て取れましたが、みんな日頃の練習の成果を発揮しようと頑張っていました。
観客の皆さんのあたたかい拍手に包まれて、指揮を振らせていた者として、部員のみんなに対する感謝の念を新たにしました。
今日の合唱祭で、フレッシュが合唱の楽しさを少しでも感じてくれたら・・・と思います。
それではまたお会いしましょう。

sP6100069.jpg

合唱祭本番直前。八幡市文化ホール前に集合しています。初めてのステージに新入生も少し緊張気味です。

sP6100060改.jpg
本番前の集合写真@新町401。例年以上に多くの人数で臨みます。