同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年3月15日

2013年3月15日

みなさん、こんにちは。幹事長の小渕崇裕です。

3月15日に行われた文化系公認団体表彰式ににて、我々同志社グリークラブは「学生支援センター優秀賞」を戴きました。
昨年度に引き続き、このような賞を戴くことができたこと、大変うれしく思います。

毎年、5分ほど、アピールタイムとして各団体の活動内容を報告する時間が設けられています。
様々な団体のアピールを拝見させていただき、同志社大学のバイタリティを肌で体感する時間となりました。

ちなみに我々は合唱を披露しようということで、「Slavnostni Sbor(祝典讃歌)」を演奏いたしました。

また、式典の後に行われたレセプションでは支援課の方から「自由にアピールして良し」という合図をいただき、一番乗りで歌わせていただきました。ここでは、宮城県民謡「斎太郎節」や応援歌「若草萌えて」を歌い、多くの方に男声合唱の魅力をお伝えできた、と感じております。

このような賞をいただくと感じるのが、日ごろの我々の活動は多くの方々によって支えられているのだな、ということです。
OBの皆様を始めとして、指導して下さる先生方や団員の御家族、何より、我々の演奏を楽しみにして下さる皆様、本当にありがとうございます。
これからも同志社グリークラブは「聴衆と一体となった音楽」を目指して、ひたむきに頑張ってまいりますので、御指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です