同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年10月06日

2013年10月6日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。
10/6、マレーシアから来日された、「ラーマン大学合唱団」の大阪公演のお手伝いをしました。
ラーマン大学合唱団の指揮をされているのが、OBさんということ、さらにはこの公演に賛助出演していた同志社OBシンガーズ(通称”DOBS”)の方々からお誘いがあり、参加することとなりました。
当日は12時頃に会場である心斎橋の島之内教会に集まり、リハーサルやロビーマネージのお手伝いをしました。
15時30分からの開演ではラーマン大学の皆さんが素晴らしい合唱を披露してくれました。また、私達現役団員もDOBSの演奏時に「Ride the Chariot」を一緒に歌わせていただきました。私達現役はDOBSの皆様と一緒に歌うのは初めてで、終始ソロの歌声には圧倒されました。あのような声を目指し、もっと精進していきたいです。
また、当日のリハーサルの際に「合同ステージに現役も一緒に乗る?」というOBの方のお誘いもあり、急遽私達現役も合同ステージで歌わせていただきました。DOBSの皆様にラーマン大学の皆様と一緒に歌えたこと、大変光栄に思いました。
その後、教会の集会室で行われた懇親会では、中国語と英語と日本語が入り混じる楽しい場となりました。
中には連絡先やSNSの申請をし合ったりする団員もおり、これをきっかけに末永くお付き合いできればと思います。
さて、来週はいよいよ関西コンクールの本番となります。
今年に入って今まで多くの場所や人々と共に歌い、経験を積んできました。
来週の本番では、それらの経験を生かし、同志社グリーにしかできない音楽を作り上げ、結果に結びつけたいと思います。
それでは、またこの場でお会いできること楽しみにしています。
IMG_20131006_184814.jpg
演奏会終了後の集合写真。女子マネさんもお手伝いに来てくれました!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です