同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年11月30日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

明日の「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」について、HPからのチケット購入を現時点を以て終了とさせていただきます。
沢山の方に御購入していただきました。誠にありがとうございます。
また、開場の13:30より、定期演奏会の当日券を京都コンサートホールにて販売いたします。
少数ですがS券もございますので、そちらよりお求め下さい。
京都コンサートホール大ホールにて、皆さまのご来場お待ちしております。
失礼しました。
glee.jpg
部員一同、皆さまのご来場、心よりお待ちしています。

2013年11月29日

こんにちは。幹事長の小渕です。

定期演奏会を2日後に控えた本日、技術顧問の伊東恵司先生、そして第2ステージのピアノ伴奏を担当して下さる内藤典子先生をお招きしての練習でした。
伊東恵司先生は今年の定期演奏会では第1、第2ステージと第4ステージの1部を指揮されます。
本日の練習では第2、第4ステージについて、的確なアドバイスを戴きながらの練習となりました。
第2ステージ「風に鳴る笛」は6月末の東西四大学合唱演奏会にて演奏した物です。
関西での改訂版初演はその時のオンステした2回生以上のメンバーにて演奏します。
定期演奏会のステージは全体的に非常に聴きごたえがあるものばかりです。
その中でも「風に鳴る笛」は終曲に向かうにつれて盛り上がり、最後のフィナーレ感が非常に素晴らしいものとなっています。
また、今回の練習では行いませんでしたが、定期演奏会の第1ステージはコンクールの自由曲でもあった「ラグビイ」を演奏します。
「ラグビイ」の特徴は音が流れていく様子が非常に面白く、ハーモニーとしてだけでなく音響効果でも楽しめる曲です。また、最初のpppから後半にかけてのffffへ徐々に移行していき、そのパワフルさがハイハットシンバルと合いなって非常に盛り上がっていきます。
今年の同グリの定期演奏会は前半から濃厚な物となっています。
是非12/1は同グリワールドに酔いしれて下さい!
IMG_20131129_151549.jpg
練習後に伊東先生、内藤先生とご一緒に撮った集合写真。12/1、京コンにてお待ちしています!

2013年11月28日

皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

EVE祭最終日だった本日、新町練習場にて定期演奏会前最後の浅井敬壹先生と藤澤篤子先生の練習、そして午後からは京田辺キャンパスに移動し、伊東恵司先生と内藤典子先生をお招きしての練習を行いました。
浅井先生が振られるのは第5ステージ「水のいのち」の指導をしていただきました。
水の循環と人の命を重ね合わせ、男声合唱の暖かく、重厚なハーモニーで表現しています。
先生の指導は熱い御指導の中にユーモアあふれるトークが織り交ぜられ、非常に有意義な時間となりました。
また、午後からは京田辺に移動し、伊東恵司先生の御指導の下、第2ステージ「風に鳴る笛」の練習をしました。
今回演奏する「風に鳴る笛」は6月末に行いました「第62回東西四大学合唱演奏会」にて同グリ単独ステージで演奏した物です。
こちらの組曲は作曲家の髙嶋みどり先生が「同グリが演奏するなら!」と特別に改訂して下さったものです。終曲の「未来」を始め、非常にダイナミックな曲となっています。
こちらの曲は今回の同グリの定期演奏会でしか聴けないものとなっています。
是非お時間ある方は足をお運びください。
いよいよ定期演奏会まで3日を切りました。我々の練習も大詰めです。
当日は良い演奏ができるよう、気合い入れていきます。
浅井・藤澤2ショット.jpg
練習後に撮影した集合(?)写真です。カメラを構えたらみんな寄ってきました(笑)

2013年11月27日

こんにちは。幹事長の小渕です。

大学は現在、EVE祭という同志社大学の学園祭真っ只中です。
そんなお祭りムードを横目に、同グリは12/1定期演奏会に向けての強化練習を行っています(なんと講義もお休みなのです)。
さて、その強化練習の2日目、昼の部にはベース系ボイストレーナーの石原祐介先生にお越しいただきました。クリスマスステージや学生指揮者ステージ、そして客演指揮者ステージでのアドバイスを戴きました。
現在の4回生が1回生の時、石原先生にパート分けをしていただきました。引退する4回生にとって最後の石原先生練習は非常に感慨深いものとなりました。
また、夜の練習ではクリスマスの曲やアンコールの曲を中心とした練習を行いました。
アンコールは振っていただいた指揮者全員の方に指揮していただきます。どんな曲を演奏するかは当日のお楽しみです(ソロパートもあります!)
夜の部の練習にはサプライズもありました。
なんと夏に北海道での演奏会でお世話になりました廣隆寺の廣瀬様がいらっしゃり激励のお言葉を戴きました。ありがとうございました。
多くの方に応援されて、我々の定期演奏会が出来上がっていくのだと改めて感じられた一日でした。
1385660000500.jpg
石原先生からアドバイスを戴いている様子です。先生の熱いお言葉に心打たれました。

2013年11月25日

こんにちは。幹事長の小渕です。

コンクールは終わりましたが、定期演奏も迫ってまいりました。
現在、同志社ではEVE祭をやっています。この大学の講義がすべて休みの時期に、同グリは「EVE強化期間」を題し、定期演奏会に向けての追い込みと調整を行っています。
11/25に、第3ステージ「くちびるに歌を」の練習をピアニストの松井萌先生をお招きして練習しました。
第3ステージは第81代学生指揮者の長谷川裕也の指揮にて演奏します。
「くちびるに歌を」はヘルマン・ヘッセやリルケといったドイツの詩人の詩を基に作曲された組曲です。
ドイツ語と日本語が折り重なった美しく、繊細なメロディーに包まれた世界を皆様にお届けします。
ちなみにこの曲は8月に行いました「三大学グリークラブサマーコンサート」で演奏した曲です。
当時はまだまだ未熟な部分もありましたが、あれから多くのステージを経験し、部員一同精進してきました。
レヴェルアップした同グリの「くちびるに歌を」をお楽しみください。
長谷川・松井ツーショット.png
学生指揮者の長谷川裕也とピアニストの松井萌先生のツーショットです。美男美女のコンビと60人を超える野獣が「くちびるに歌を」をお届けします。

2013年11月23日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

11/23(土)に千葉県文化会館で行われた「第66回全日本合唱コンクール」〈大学ユースの部〉にて、同志社グリークラブは銀賞を獲得しました。
当日は朝からの演奏となりましたが、同志社グリークラブ、そして我らの盟友かつ宿敵の関西学院グリークラブが連続で演奏することもあってか、大変多くのお客様の前で演奏できました。
本年は課題曲にM3の「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詩、清水脩作曲)、自由曲に「ラグビイ」(竹中郁作詩、信長貴富作曲)を演奏しました。
今年の全国コンクールでは「同志社グリーらしい演奏で金賞を!」と思い、演奏をしました。
午前中の演奏でしたが、全員朝4時過ぎに起床し演奏の為に調子を整えていきました。
同志社グリークラブはダイナミックな音楽が持ち味です。本番では多くのお客様の前で最高のfffを出し切りました。
そして緊張の結果発表。
我々同志社グリークラブは銀賞を戴きました。
金賞を獲得できなかったことに悔しさを感じますが、この気持ちをバネにさらによい演奏を定期演奏会でできるよう、腕に磨きをかけていきたいと思います。
それでは失礼しました。
全国表彰式.jpg

2013年11月22日

こんにちは。幹事長の小渕です。

11/22、同志社グリークラブは明日に行われる全日本合唱コンクールに向けて、千葉へ前入りしました。
道中は、富士山やスカイツリーが抜けるような青空と共に見え、すがすがしい天候の下での移動となりました。
明日は10:34頃、千葉県文化会館にて演奏となります。
この日の為に多くの時間をかけて練習してきました。
明日は日々の成果を十分発揮し、同志社グリーの音楽をホール一杯に響かせるよう頑張ります。
それでは失礼しました。
IMG_20131122_183925.jpg
IMG_20131122_111048.jpg
IMG_20131122_152437.jpg
千葉教会様での練習風景。最後の調整に余念はありません。
IMG_20131122_124455.jpg
目指せ日本一!!

2013年11月20日

HPご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。


12/1に行われる「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」に向けて、各ステージの紹介をしていきます。本日は第4ステージです。


4ステージは「クリスマスの祈り」と題し、クリスマスにちなんだ宗教曲を演奏します。

同志社大学はキリスト教主義の大学です。同グリも多くの場面で宗教曲を演奏してきました。今年はクリスマスとからめまして、皆さまにもなじみ深い曲を中心に、しっとりとした曲調の物から、にぎやかな雰囲気の物まで、様々な宗教曲を演奏します。


合唱になじみの薄い方でも楽しんで頂けるステージになっています。これをきっかけに合唱、とりわけ男声合唱という世界に引き込まれて下さればと思います。


2013_11_18_19_44_18.jpg

2013年11月18日

こんにちは。幹事長の小渕です。

12/1に行われる「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」に向けて、各ステージの紹介をしていきます。本日は第5ステージについて、御紹介します。

5ステージでは高田三郎先生の「水のいのち」を演奏します。それに向けて、10/28より、客演指揮者の浅井敬壹先生をお招きしての練習がスタートしました。

浅井先生は同志社グリークラブを50年程前に卒団され、在団当時は学生指揮者を務めていらっしゃり、大変同グリと縁の深い方です。昨年の定期演奏会においても、指揮を振っていただいたのですが、今年度も引き続き棒を握っていただく運びとなりました。

また、「水のいのち」は1972年に、同グリのOB団体であるクローバークラブによって男声版が初演されました。今年は高田三郎先生生誕100周年に当たる年で様々な団体で演奏されています。

浅井先生の練習では他の先生方とは違った視点からのアドバイスを下さり、歌の本質について、熱く語って下さり、部員一同、大変感激しております。

浅井先生と同志社グリークラブが演奏する「水のいのち」はどのようなものとなるでしょうか?是非足をお運びください。


2013_11_14_20_24_55.jpg
「水のいのち」の練習風景。前で振られているのが浅井先生。ピアニストは藤澤篤子先生です。
2013_11_14_20_24_20.jpg
指揮を全力で振られている浅井先生。部員一同気合いが入ります。

2013年11月14日

こんにちは。幹事長の小渕です。

11/1214に今出川キャンパスの明徳館前にて、定期演奏会に向けてのチケット販売とデモ演奏をしました!

これは、同グリの演奏をもっと多くの同志社の人々に知ってほしい!と思い企画した物です。昼休みの時間帯のみの開催でしたが、我々の演奏に多くの方が足を止めて下さり、拍手をいただきました。中には「かっこいい!」という女子大生の感想もあり、部員一同の励みとなりました。

同時並行していた定期演奏会のチケットも多くの方が御購入して下さいました。12/1に京都コンサートホールでお待ちしております。

定期演奏会がもう目の前まで来ています。部員一同、ホール一杯に感動をお届けできるよう精一杯頑張りますので、是非楽しみにして下さい。

IMG_20131112_122854.jpg