同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年11月23日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

11/23(土)に千葉県文化会館で行われた「第66回全日本合唱コンクール」〈大学ユースの部〉にて、同志社グリークラブは銀賞を獲得しました。
当日は朝からの演奏となりましたが、同志社グリークラブ、そして我らの盟友かつ宿敵の関西学院グリークラブが連続で演奏することもあってか、大変多くのお客様の前で演奏できました。
本年は課題曲にM3の「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詩、清水脩作曲)、自由曲に「ラグビイ」(竹中郁作詩、信長貴富作曲)を演奏しました。
今年の全国コンクールでは「同志社グリーらしい演奏で金賞を!」と思い、演奏をしました。
午前中の演奏でしたが、全員朝4時過ぎに起床し演奏の為に調子を整えていきました。
同志社グリークラブはダイナミックな音楽が持ち味です。本番では多くのお客様の前で最高のfffを出し切りました。
そして緊張の結果発表。
我々同志社グリークラブは銀賞を戴きました。
金賞を獲得できなかったことに悔しさを感じますが、この気持ちをバネにさらによい演奏を定期演奏会でできるよう、腕に磨きをかけていきたいと思います。
それでは失礼しました。
全国表彰式.jpg