同志社グリークラブ 公式ブログ

2014年2月18日

はじめまして。

先日、幹事長に就任した小林 聖です。

 

215()、寒梅館ハーディーホールにて第109期卒団生のためのフェアウェルコンサートを開催しました。フェアウェルコンサートは卒団生と一緒に歌える最後の演奏会です。一分一秒、先輩方と一緒に歌える時間を噛み締めながら精一杯歌わせていただきました。

 

1ステージは卒団生と在団生が合同で「Ave verum corpus」、「言葉にすれば」、「赤とんぼ」、「紅梅花」、「また来ん春」を演奏しました。宗教曲からPOPSまで、様々なジャンルからの選曲となっており、多くの方々に楽しんでいただけたのではないかと思います。

2ステージは在団生により多田武彦作曲の男性合唱組曲「雨」を演奏しました。タダタケの「雨」といえば男声合唱経験者なら誰もが知っている大変有名な組曲です。ハイクオリティな演奏をしたいという思いから、指揮を技術顧問の伊東恵司先生に依頼し、この名曲に全力で挑みました。いかがでしたでしょうか?

3ステージは卒団生のみの演奏から始まり、そこにOBの方々が少しずつ加わっていきます。先輩方の演奏は味があり、歌に対する思い、情熱、自信が溢れ出していました。私達も4年間のグリーライフを全うすれば、先輩方のように魅力ある演奏ができるようになるのかもしれません….

最後に卒団記念式典が開かれました。在団生は「You’ll never walk alone」を演奏し卒団生を送り出します。一同で心を込めて演奏しました。

 

人生の嵐の中を進むとき

どうかはっきり頭を上げていってください

暗闇を恐れないでください

嵐が過ぎ去れば、金色の空に

ひばりのやさしい囀りが聞こえるでしょう

風にも負けず、雨にも負けず、

たとえあなたの夢が敗れ去ったように思えるときでも、

心に希望を抱いて どんどん進んでください

何故なら、あなたは一人ぼっちではないのですから

一人だけで歩いているのではないのですから           

You’ll never walk alone』日本語訳

 

 最後になりましたが、ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

今後とも同志社グリークラブをどうぞよろしくお願いいたします。





109期FW全体写真.jpg
                      本番前の全体写真です!!