同志社グリークラブ 公式ブログ

2014年5月1日

4月29日、関学のグリーホールにて四連合同曲の練習を行いました。ライバルであり仲間でもある関学との合同練習は非常に刺激的で、自分達の課題について再確認するいい機会になったのではないかと思います。隣の関学グリーメンには絶対に負けじと(特に声の大きさに関しては笑)、時には火花を散らしながら、楽しく練習しました。この度、四連合同ステージで演奏する曲は、みなづきみのり作詩、北川昇作曲の「まだ見ぬあなたへ」という曲です。この曲に関して、北川先生は「エネルギッシュでありながらナイーブ」と表現されています。若者から溢れ出るエネルギーと、影に潜むナイーブで繊細な心を映し出したこの曲を、伊東恵司先生指揮の下200人を超える男たちが歌うとどのようになるのか?
ご期待下さい!!

関学グリー合同連.jpg