同志社グリークラブ 公式ブログ

2014年7月22日


皆さんこんにちは


同志社グリークラブ副幹事長横山です。

7月5日に私たちは、依頼演奏のため石川県に行って参りました。

今回は同志社校友会石川支部の皆様からご依頼で、懇親会で歌わせていただきました。

なんと今回は校友会会の方に同志社の学長が来てくださってて、学長の前で歌わせて頂くという貴重な経験ができました。

こういう依頼演奏があると、同志社グリークラブの繁栄を望む一部員として非常に嬉しいものですね。

もちろん、私たちを日々支えてくださっている方々のおかげで、私たちは活動できています。

同志社校友会石川支部の皆様、今回は貴重な経験をありがとうございました。
ではではこの辺りで失礼します。

同志社校友会石川県支部.jpg

2014年7月19日

みなさんこんにちは

只今、9月1日に開催されます、三大学合同コンサート@福岡市民会館のチケットを販売しております。
販売方法は、以下に掲載しましたチラシの電話番号に連絡をいただくか
もしくはヤマハミュージック福岡店さんに直接お電話いただく形となっております。
当日券もご用意しております。
福岡市民会館は、収容可能人数が1700人を超える大ホールです!!
満員のお客様の前で、しっかりと歌いあげたいと思っています。
九州にお住まいの方、OBのみなさま、是非お越し下さい。
九大チラシ改訂版2.jpg
サマコン写真.jpg
左:九州演奏旅行担当の山本 真ん中:幹事長の小林 右:チーマネの金澤(おまけ)です。

2014年7月19日

みなさんこんにちは

私たち同志社グリークラブは、7/17に開催されました祇園祭の山鉾巡行に今年も参列させていただきました。

引かせていただいた山は、私たちが毎年お世話になっています「太子山」です。

巡行前には、同志社カレッジソングと宮城県民謡の斎太郎節を歌わせていただき、朝早くから多くのご近所の皆様に観ていただきました。

今年の祇園祭の一番の見所といえば、やはり49年ぶりに再開される後祭(あとまつり)と、150年ぶりに巡行に参加した大船鉾(おおふねほこ)ですね。

「後の祭り」ということわざも、この祇園祭の後祭を由来とするらしいですよ。

私たちが参列した山鉾巡行は祇園祭の大きな目玉である、前祭(さきまつり)というものです。

祇園祭は八坂神社の祭礼です。

約1100年前、神泉院に日本全国の口の数の鉾66本を立て、祇園の神を祀り災厄の除去を祈る祇園御霊会を行ったのが始まりとされています。

「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産に登録されているそうです。


その中でも私たちが担当する太子山は聖徳太子を祀る由緒正しき山で、去年復活した荷茶屋でお抹茶を点茶する光景は、多くの人々の注目を浴びていました。


京都で学ぶ学生として、また同志社グリークラブとしてこの巡行に参加させていただけたことはとても嬉しいことです。

ただ祭りに参加するだけでなく、祭りの意味を学び、祈る心を養う。

先日たちが語らずも教えてくれたものは、私たち日本人の心に深く刻まれ、豊かな人格形成に大きく貢献しているのではないでしょうか。


太子山さんとのご縁がこれからも永く続くことを願って止みません



祇園祭 (2).jpg

2014年7月9日

みなさんこんにちは

7月7日、埼玉県から修学旅行に京都に来ていた春日部市立豊春中学校のみなさんと合唱交流をしました。
会場は、重要文化財にもなっています今出川キャンパスの同志社礼拝堂です。
礼拝堂を埋め尽くす大勢の中学生の皆さんは、終始とても礼儀正しい子たちばかりで、私たち大学生も学ぶことが多くありました。
豊春中学校さんは、「合唱の豊春」と称されるほど合唱が盛んな学校です。
そんな中学生のみなさんの歌声をたくさん聞くことができました。
豊春中学校合唱部のみなさんの演奏、豊春中学校全員での合唱、また女声・男声分かれての合唱も聞くことができ、若々しい歌声と、しかっりと忠実に合唱に取り組む姿に
私たちはとても感心し、元気を頂きました!!!
来年もまたこのような交流ができたら嬉しいですね。
それではまた。
豊春.jpg

2014年7月1日

みなさんこんにちは
6月29日、我々同志社グリークラブは、【田村康浩氏 叙勲受賞を祝う会】に歌い手として参加させていただきました。
田村康浩さんは、我が団同志社グリークラブのOBさんでいらっしゃいます。
田村先輩は、経済産業省が推薦する平成26年春の勲章受賞者に選ばれました。
染色品(京友禅)の部門での賞賜で、勲章の名称は〈瑞宝単光章〉というものです。
我々同志社グリークラブは田村先輩の叙勲受賞を心からお慶び申し上げます。
このお祝いの会の中で私たちは、「祝の合唱」として依頼演奏をお受けし、現役の元気な姿をお見せすることができたのではいかと思います。
場所は京都ブライトンホテルにて行われ、衆議院議長や京都府知事、京都市長、伝統工芸に深く携わっている方々が出席されていました。
今までになく非常に緊張する空間で、堂々とお祝いの歌を歌わせていただきました。
私たちにとっても貴重な経験をさせていただき、このような場に呼んでくださった諸先輩方に対しまして、深く感謝申し上げます。

image.jpg

最後に、田村先輩がこれからますますご活躍されること、現役一同心から祈念いたいます。
以上、依頼演奏近況報告です。