同志社グリークラブ 公式ブログ

2014年8月30日

2014年8月30日

HPをご覧の皆様、こんにちは。

幹事長の小林聖です。

 

 

8/24()~8/28()5日間、兵庫県ハチ高原にあるホテル谷常にて夏合宿を執り行いました。夏合宿は、後期の活動のメインとなる合唱コンクール、定期演奏会に向けて集中的に練習を行う貴重な機会です。今年は、例年に比べて合宿期間が1日少ないということもあり気合を入れて練習に臨みました。

 


私は、合宿が始まる前に「最後まで気を抜かず真剣に取り組もう」「苦しいと感じた時こそ、成長につながるチャンスだと思って逃げずに頑張ろう」と言いました。朝から晩まで真剣に音楽に向き合うことは、歌が大好きなグリーメンとはいえ根気が必要です。また、夏合宿で練習した曲は歌いきるのにかなりの体力を必要とする大曲ばかりでした。例年になくハードな内容の合宿だったように思いますが、全員が最後まで真剣に取り組んでくれました。

 


根性を鍛える筋トレ

 

学指揮による鬼のアンサンブル

 

技術系による鬼の夜間イベント(内容省略)

 

安らぎは食事の時間のみ笑

とはいえ四回生は無言(喉を休めるため)


 

 終わってみればあっという間の45日間でしたが、後期の活動をスタートするにあたり全員で思いを一つにできる、いいきっかけになったと思います。夏合宿での経験を自信に、今後予定されている行事の一つ一つを全力で乗り越えていきたいと思います。



夏合宿.jpg

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です