同志社グリークラブ 公式ブログ

2015年12月12日

HPをご覧のみなさんこんにちは。幹事長の横山将之です。

12月12日に大阪いずみホールにて、第111回同志社グリークラブ定期演奏会を開催いたしました。久しぶりの大阪での定期演奏会となり、マネジメントなどの面で大きな不安を抱えた演奏会でしたが、開幕のDoshisha College Songから屋外でのストームまでを無事に終える事ができ安堵しております。これも、皆様からの多大なご理解と温かいご支援があったからであり、団員を代表して厚く御礼申し上げます。

第111回同志社グリークラブ定期演奏会は今年の関西コンクールで金賞を頂いた「Fragments(フラグメンツ) -特攻隊戦死者の手記による-」や学生指揮者の選んだ通年曲「初心のうた」、今期の同志社グリークラブの自慢のソリストをお披露目できたクリスマスステージなど、どれも素晴らしい音楽が出来たと自負しております。その第111回定期演奏会の中でも、ここでは私にとって万感胸にせまった客演指揮者・名島啓太先生による「沖縄小景」について書かせて頂きたいと思います。

「沖縄小景」の初めの2曲である国頭サバクイと子守唄、この2曲は各声部や同声部のdiv.が不協和音でぶつかり合っており音取りから難儀なものでした。しかし、その難儀さは私が下回生であった頃に感じた歌の大変な難しさを再び思い起こさせるものであり、決して嫌忌なものではありませんでした。さらに、我が団の誇る自慢のバリトンのdiv.しながら半音でぶつかり続け旋律を歌うという技を披露できた素晴らしい機会であったと思います。

沖縄小景の後半2曲である安里屋ユンタとだんゆじゅかりゆしは前半2曲と比べて、耳心地の良い和音のなる曲でありとても歌っていて楽しい曲でした。後半2曲は合唱人としての難局を経て音楽を楽しめるまでになった姿であると感じておりました。勝手ながら私は、私がグリークラブで過ごした日々とこの沖縄小景を重ね合わせておりました。安里屋ユンタには装飾音符が出てくるのですが、その装飾音符の演奏法を名島啓太先生から教わる事ができたのは素晴らしい経験でありました。また、旋律の加速・減速の法則や音の膨らみなどのとても沢山の事を学べたのが本当に楽しい経験でした。そして終曲のだんゆじゅかりゆし。この曲は沖縄の船出の歌であり、今まさに同志社グリークラブを旅立つ我々4回生にとってはこの曲の寂しさと喜ばしさを感じさせる和音が沁みるものでした。アンコールで演奏したソーラン節は船と漁と北海道と京都で「にしん蕎麦」のように最後まで美味しく頂くことができました。

最後にもう一度、ご指導くださいました諸先生、日頃より現役団員を温かく見守ってくさださる諸先輩をはじめ、今年1年同志社グリークラブに関わってくださいました皆様方に心よりの御礼を申し上げて私の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。

te-thumb-400x571-844

2015年1月11日

2015前期総会.JPG

みなさんこんにちは
本日は、新しく役職に就いた同志社グリークラブのメンバーを紹介します。
2015年度は、以下の新しく役職に就いたグリーメンを含めた新体制で、同志社グリークラブを運営していきます。
関係者の皆様におかれましては、これ以後も御理解と御協力よろしくお願いします。
現組織につきましては、追って変更させていただきます。
以下、2015年前期総会での決定役職
=========================
同志社グリークラブ
幹事長
横山将之

2014年12月10日

110回同志社グリークラブ定期演奏会が終了いたしました。

 

HPをご覧の皆様、こんにちは。 幹事長の小林聖です。2014年、同志社グリークラブは設立110周年目を迎えることができました。この度は、節目の年の集大成である定期演奏会に関して、私の思いの丈を述べさせていただきます。定期演奏会は全部で4ステージ構成でしたが、字数の都合上、第3ステージと第4ステージに焦点を絞って書かせていただきました。長文、駄文ではありますが最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

127日、天候にも恵まれ、定期演奏会は開演しました。110周年の記念演奏会ということもあり、OB合同ステージや委嘱初演ステージなど様々な企画を準備させていただきました。これらは到底、学生の力だけで実現できたものではなく、多くの方々のご協力の上に成立したものであります。

 

まず第3ステージについてですが、ここでは作曲家として合唱界で活躍されている信長貴富先生に作っていただいた曲を初演いたしました。現4回生が2回生だった時に110周年目の定期演奏会で何か思い切ったことをやりたいと考え、たどり着いたのが委嘱初演です。当時、私達は信長先生が作曲された「新しい歌」を練習しており、信長先生の作られる音楽の素晴らしさに感動し夢中で取り組んでおりました。そういった経緯もあり「110回定期演奏会では是非とも信長先生に委嘱したい」というのが当時2回生の共通の願いでした。この夢を信長先生が快く聞き入れてくださり、第3ステージは実現されました。

信長先生から送られてきたのは同志社大学をイメージして作られたという全3曲からなるピアノ付きの曲で、終曲の「帆を上げよ、高く」は、脱国を決意した青年、新島襄が船出の時を迎える瞬間を描いた歌でした。自らの夢の実現に向け、国禁を犯してまでも海を超える新島の過剰とも言えるエネルギーは、今を生きる私達には想像し難い面もあります。しかし、かつての日本において、私達と同年代の若者が、溢れんばかりのバイタリティーを持って前向きに生きていたという事実は、日本人なら誰もが知っておかなければならない誇りある歴史ともいえるでしょう。同志社の学生として、同志社大学の設立者新島襄をモチーフに作られたこの曲に取り組めたことは、私達にとっての誇りであります。またこの曲を通して作詞者の、みなづきみのり先生から愛情あふれるメッセージを受け取ることができたのも私にとっては筆舌に尽くしがたい喜びでありました。

作曲を引き受けていただいた信長貴富先生には心より感謝申し上げます。

 

私にとって最も思い入れの強いステージは、第4ステージの「十の詩曲」でした。終わり4章節の「響きわたれ いざ!」を歌い終えた後の割れんばかりの拍手と、鳴り止まないブラボーは、私にとっても部員たちにとっても一生忘れることのない思い出になったと思います。練習を初めたばかりの頃は、定期演奏会の最終ステージで、大曲中の大曲であるこの曲を歌えるわけがない、無謀だ、といった声も聞こえていましたが、練習を進めていくごとに、また浅井先生練習を重ねるごとに皆、曲の持つ力に惹かれていきました。限界を決めないで、高い目標を定め、そこに向けて全力で突き進んでいくのが、同志社グリークラブの精神だと思っていますし、私自身常にそうありたいと思って運営をしておりましたから、皆が最後まで頑張ってこの曲に取り組んでくれたことが嬉しくて仕方がありませんでした。苦労して練習した甲斐があって、演奏会の最後には出会ったことのない絶景を見ることができました。浅井敬壹先生にはこの曲に挑戦させていただけたこと、最後に同志社グリークラブ渾身の演奏をさせていただけたことに対して感謝しかありません。本当にありがとうございました。

 

マネージメントに関しては、信頼するチーフマネジャーの金澤を中心に部員たちが本当によく頑張ってくれたため、定期演奏会で私達がやりたかったことを、思い残すことなく全て実現することができました。「運」という曖昧な言葉を持ち出していいものかはわかりませんが、そう言った目に見えない力まで私達に味方してくれていたような気がしております。多くのお客様に同志社グリークラブの魂の演奏を聴いていただけたことが、この演奏会の価値を一層高めてくれました。

 

110回定期演奏会は無事に終了しましたが、同志社グリークラブの長い歴史の中ではあくまで、110分の1が終了したにすぎず、クラブ自体は新しい世代に向けて動きを止めることはありません。来年からは早速111年目がスタートします。この度の定期演奏会を通してこのクラブが多くの方々の支えの中に存在しているということ、またいつの時代でも先輩方は音楽に対する情熱を失わずご尽力されてきたということを改めて実感いたしました。多くの方々の暖かいご支援の中で、私達の意思を継いでくれる熱い後輩たちが、溢れんばかりのエネルギーを持って活動してくれる限り、このクラブは来年も、あるいは1020100年後も合唱界の中で輝く存在であり続けると確信しております。

 

最後になりましたが、定期演奏会にご来場いただきました皆様、ご協力賜りました皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


 

第3ステージ.jpg

2014年10月13日

69回関西合唱コンクールに出場いたしました。

 

 HPをご覧の皆様、こんにちは。 幹事長の小林聖です。 同志社グリークラブは1012日に行われた第69回関西合唱コンクールに出場いたしました。この度はコンクールを通して私が感じたことを書かせていただきました。長文、駄文ではありますがお付き合いいただけると幸いです。

 

四連後、何が何でも一位になって全国に進むという決意のもと、コンクールに出場することを決めました。当然、この目標を達成するためには相当な鍛錬が必要であり、正直なところ自分たちに頑張りきれるだけのエネルギーがあるのか不安に思ったこともあります。ところが、私の不安をよそに後輩たちは本当によく頑張ってくれました。特に一回生たちの、がむしゃらに頑張る姿には多くの上回生が励まされたように思います。執行回生としてこれほど嬉しいことはありませんでした。

そしていよいよコンクール当日。幸いなことに、全員が万全の状態でこの日を迎えることができました。出演が昼ということもあり部員たちは5時起きです。朝は尼崎市にある公民館にて直前練習を行いました。2時間半の最終練習を終え、適度な緊張感と熱い思いが調和し心身共に充実した状態で会場に向かいました。

1335分、同志社グリークラブの名前が呼ばれ、全員が胸をはって入場しました。コンクールには、沢山の先輩方が応援に駆けつけてくださっており、懐かしいお顔に励まされながら演奏はスタートしました。技術的なことを話すと限がないのでここでは割愛させていただきますが、とにかく自分たちに出来る最大限のことはできたように思います。全員が魂を込めて演奏しました。しかしながら善戦虚しく、一位と1点差で全国行きを逃しました。審査結果表には2位という現実が静かにはっきりとに刻まれていました。私自身、この度の勝負にかけてきたこともあり、人生で経験したことがない悔しさを味わいました。しかし、コンクールを通して感じることのできた部員たちの熱い思いや、最後まで諦めない姿勢は実に清々しく、そのような仲間と悔いの残らない演奏ができたことは、自分にとっての一生の財産になったと感じております。4回生が果たせなかった夢はいつの日か、後輩たちが叶えてくれると信じています。

 ここから、同志社グリークラブは定期演奏会に向けた戦いが始まります。今年の定期演奏会は委嘱初演をはじめとした豪華なプログラムが予定されております。満員のコンサートホールでお客様に感動の音楽を届けられるように限られた時間を全力で過ごして行きたいと思います。魂の演奏にご期待下さい。


 今後とも同志社グリークラブをどうぞよろしくお願いいたします。



発表前.jpg



結果発表.jpeg
                       
                
                

2014年8月30日

HPをご覧の皆様、こんにちは。

幹事長の小林聖です。

 

 

8/24()~8/28()5日間、兵庫県ハチ高原にあるホテル谷常にて夏合宿を執り行いました。夏合宿は、後期の活動のメインとなる合唱コンクール、定期演奏会に向けて集中的に練習を行う貴重な機会です。今年は、例年に比べて合宿期間が1日少ないということもあり気合を入れて練習に臨みました。

 


私は、合宿が始まる前に「最後まで気を抜かず真剣に取り組もう」「苦しいと感じた時こそ、成長につながるチャンスだと思って逃げずに頑張ろう」と言いました。朝から晩まで真剣に音楽に向き合うことは、歌が大好きなグリーメンとはいえ根気が必要です。また、夏合宿で練習した曲は歌いきるのにかなりの体力を必要とする大曲ばかりでした。例年になくハードな内容の合宿だったように思いますが、全員が最後まで真剣に取り組んでくれました。

 


根性を鍛える筋トレ

 

学指揮による鬼のアンサンブル

 

技術系による鬼の夜間イベント(内容省略)

 

安らぎは食事の時間のみ笑

とはいえ四回生は無言(喉を休めるため)


 

 終わってみればあっという間の45日間でしたが、後期の活動をスタートするにあたり全員で思いを一つにできる、いいきっかけになったと思います。夏合宿での経験を自信に、今後予定されている行事の一つ一つを全力で乗り越えていきたいと思います。



夏合宿.jpg

2014年3月1日

皆さん、こんにちは。


幹事長の小林聖です。


2/24(月)~2/27(木)の4日間、滋賀県大津市北小松にある同志社大学のリトリ―トセンターにて春合宿を行いました。

春合宿では雪が降る、というのが毎年恒例なのですが、今年は比較的暖かく過ごしやすかったのではないかと思います。


春合宿では、四連で演奏する曲を中心に練習しました。

音程や拍が非常に難しく苦戦しましたが、最終的には形にすることができたと思います。


夜に行う毎年恒例の小アンサンブル練習では、「鴎」と「遙かな友に」を扱いました。

少人数での演奏は同じパートの人や、パート間での協力が必要になります。

また個々の技量が試される場でもあります。

の練習を通して、多くのことを感じ、得ることができたのではないでしょうか。

朝から晩まで歌に打ち込める機会は合宿以外ではほとんどありません。

苦しいと感じる時間もあったとは思いますが、春合宿で得た経験を、迫りくる新歓や四連につなげていけたらと思います。


2014春合宿 練習風景.jpg                          練習風景です
2014春合宿 食堂にて、カレッジソングを演奏しました!.jpg食堂にて、カレッジソングを演奏しました!

2014小アンサンブル発表の風景.jpg
小アンサンブル発表の風景です

2014年2月18日

はじめまして。

先日、幹事長に就任した小林 聖です。

 

215()、寒梅館ハーディーホールにて第109期卒団生のためのフェアウェルコンサートを開催しました。フェアウェルコンサートは卒団生と一緒に歌える最後の演奏会です。一分一秒、先輩方と一緒に歌える時間を噛み締めながら精一杯歌わせていただきました。

 

1ステージは卒団生と在団生が合同で「Ave verum corpus」、「言葉にすれば」、「赤とんぼ」、「紅梅花」、「また来ん春」を演奏しました。宗教曲からPOPSまで、様々なジャンルからの選曲となっており、多くの方々に楽しんでいただけたのではないかと思います。

2ステージは在団生により多田武彦作曲の男性合唱組曲「雨」を演奏しました。タダタケの「雨」といえば男声合唱経験者なら誰もが知っている大変有名な組曲です。ハイクオリティな演奏をしたいという思いから、指揮を技術顧問の伊東恵司先生に依頼し、この名曲に全力で挑みました。いかがでしたでしょうか?

3ステージは卒団生のみの演奏から始まり、そこにOBの方々が少しずつ加わっていきます。先輩方の演奏は味があり、歌に対する思い、情熱、自信が溢れ出していました。私達も4年間のグリーライフを全うすれば、先輩方のように魅力ある演奏ができるようになるのかもしれません….

最後に卒団記念式典が開かれました。在団生は「You’ll never walk alone」を演奏し卒団生を送り出します。一同で心を込めて演奏しました。

 

人生の嵐の中を進むとき

どうかはっきり頭を上げていってください

暗闇を恐れないでください

嵐が過ぎ去れば、金色の空に

ひばりのやさしい囀りが聞こえるでしょう

風にも負けず、雨にも負けず、

たとえあなたの夢が敗れ去ったように思えるときでも、

心に希望を抱いて どんどん進んでください

何故なら、あなたは一人ぼっちではないのですから

一人だけで歩いているのではないのですから           

You’ll never walk alone』日本語訳

 

 最後になりましたが、ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

今後とも同志社グリークラブをどうぞよろしくお願いいたします。





109期FW全体写真.jpg
                      本番前の全体写真です!!

2013年11月23日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

11/23(土)に千葉県文化会館で行われた「第66回全日本合唱コンクール」〈大学ユースの部〉にて、同志社グリークラブは銀賞を獲得しました。
当日は朝からの演奏となりましたが、同志社グリークラブ、そして我らの盟友かつ宿敵の関西学院グリークラブが連続で演奏することもあってか、大変多くのお客様の前で演奏できました。
本年は課題曲にM3の「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詩、清水脩作曲)、自由曲に「ラグビイ」(竹中郁作詩、信長貴富作曲)を演奏しました。
今年の全国コンクールでは「同志社グリーらしい演奏で金賞を!」と思い、演奏をしました。
午前中の演奏でしたが、全員朝4時過ぎに起床し演奏の為に調子を整えていきました。
同志社グリークラブはダイナミックな音楽が持ち味です。本番では多くのお客様の前で最高のfffを出し切りました。
そして緊張の結果発表。
我々同志社グリークラブは銀賞を戴きました。
金賞を獲得できなかったことに悔しさを感じますが、この気持ちをバネにさらによい演奏を定期演奏会でできるよう、腕に磨きをかけていきたいと思います。
それでは失礼しました。
全国表彰式.jpg

2013年11月22日

こんにちは。幹事長の小渕です。

11/22、同志社グリークラブは明日に行われる全日本合唱コンクールに向けて、千葉へ前入りしました。
道中は、富士山やスカイツリーが抜けるような青空と共に見え、すがすがしい天候の下での移動となりました。
明日は10:34頃、千葉県文化会館にて演奏となります。
この日の為に多くの時間をかけて練習してきました。
明日は日々の成果を十分発揮し、同志社グリーの音楽をホール一杯に響かせるよう頑張ります。
それでは失礼しました。
IMG_20131122_183925.jpg
IMG_20131122_111048.jpg
IMG_20131122_152437.jpg
千葉教会様での練習風景。最後の調整に余念はありません。
IMG_20131122_124455.jpg
目指せ日本一!!

2013年10月13日

HPご覧の皆さま、こんにちは。幹事長の小渕です。
去る10/13(日)に、我々同志社グリークラブは関西合唱連盟主催『第68回関西合唱コンクール』<第66回全日本合唱コンクール関西支部大会>に大学ユース合唱の部(大人数の部)に1位金賞を受賞しました。
当団は課題曲として「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詩、清水脩作曲)を、自由曲は「ラグビイ」(竹中郁作詩、信長貴富作曲)を演奏いたしました。
その結果、当団は5名の審査員の方から全員一致で1位の評価を戴きました。結果、金賞受賞し、来月23日に行われる全国大会への出場の切符を得ることができました。
本番当日、本当に多くの方々から熱いエールを戴きました。またこの日に至るまで手厚い指導を戴きました。皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
全国大会では関西代表としてさらに演奏野クオリティに磨きをかけ、悲願である全国金賞を目指していきたいと思います。
今後とも、皆さまに御指導御鞭撻を戴ければと存じます。よろしくお願いします。