同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年9月7日

みなさま、こんにちは。幹事長の小渕崇裕です。

9/2~7にかけて、兵庫県ハチ高原にて夏合宿を執り行いました。
この夏合宿はコンクール等の後期の活動の為の基礎技術・体力の向上や演奏曲の完成度向上等を目的に毎年行っています。
今年は、約70名の部員で合宿に臨みました。24時間合唱だけに集中できる機会はめったにない貴重な機会です。長いようで短い合宿期間で可能な限り技術力を向上させようと皆集中して練習を行いました。中には深夜を超えても練習場で歌い続ける猛者もおりました。
また、今回はOBの方とアドバイザーの方に合宿所まで来ていただき、パート毎に指導していただきました。非常に濃い時間を過ごすことができ、部員一同、技術力向上のきっかけができたかと思います。本当にありがとうございました。
合宿中は天候が悪い日が続きましたが、最終日は晴れ、外で放った「Doshisha Cheer」はやまびこがやまびこを呼び、山を越えてどこまでも響き渡り、合宿での成果が垣間見える瞬間でした。
この合宿は我々同志社グリークラブにとって1つの転機となる合宿です。
後期の活動もすでに始まり、現在はコンクールに向けて練習しています。
どんな時でも我々の音楽を忘れず、勝利をつかみ取っていきたいです。
1234382_435680233208056_588912506_n.jpg
退所式後の集合写真。大所帯になりましたが、全員が最後までやりきってくれました。

2013年9月1日

みなさま、こんにちは。幹事長の小渕です。

去る8/28に、「三大学グリークラブサマーコンサート」を同志社大学寒梅館ハーディーホールで行いました。
ご来場して下さった皆様、本当にありがとうございます。
毎年、夏には様々な大学合唱団と共に合同で演奏会を開いています。
本年は我々が主催となり、名古屋から金城学院大学グリークラブ、東京から立教大学グリークラブの男声部及び女声部がお呼びし、3大学4団体という形で演奏会を行いました。
我々の単独ステージでは、信長貴富先生の「くちびるにうたを」を演奏しました。こちらは今年のフェアウェルコンサートでも一部演奏しましたが、今回は全曲演奏いたしました。
第81代学生指揮者の長谷川裕也の指揮の下、ドイツ語と日本語の詩を融合させた独特の世界観を表現していきました。
今回、総勢69名のグリーメンがステージに乗りました。今までにない人数なので、練習時には様々な苦労がありましたが、終曲の「くちびるに歌を」では最後に力強いfffを響かせられたのではと思っています。
ちなみに、今回演奏した「くちびるに歌を」は12月1日に行われる定期演奏会でも演奏いたします。今回よりもさらに磨きをかけて皆様の下にお届けしたいと思います。
また、今回、共に歌った大学は全てキリスト教主義の大学であることから、合同ステージでは宗教曲で有名なSamuel Barber の「Agnus Dei」を我が団技術顧問の伊東恵司先生の指揮の下、演奏しました。
この日の為に集まって来た3つの大学のメンバーがステージの上で共に1つのハーモニーを作り出していきました。曲に込めた「祈り」の気持ちを上手く表現できていれば幸いです。
さて、演奏会終了後、「第二の本番」とも称される合同打ち上げを行いました。乾杯後しばらくするとどこからか歌が聞こえ、連鎖的に全員が加わっていく大合唱が繰り広げられました。途中ではなんとメサイアの「ハレルヤ」まで歌い出すことに・・・。実は各校それぞれ冬にはメサイア演奏会をやっているのです。
打ち上げが終わっても鴨川で歌ったり、別会場で大学の枠を超えた交流会が朝まで続いたりと大変楽しい一夜を過ごしました。
この3大学の友情が永遠に続くことを切に願っております。
さて、次に我々が主催する演奏会は、12月1日に京都コンサートホール大ホールで行います、第109回定期演奏会です。そこで再び皆様にお会いできること、楽しみにしています。
それでは本日はこの辺で。ありがとうございました。

2013_08_28_13_06_04.jpg

リハーサル風景。実はフレッシュ達にとっては初の舞台。多少緊張していたようです。

2013年8月27日

みなさん、こんにちは。幹事長の小渕です。

明日行われる「三大学グリークラブサマーコンサート」の前日合同リハを行いました。
金城学院大学グリークラブと立教大学グリークラブの男声部と女声部が遠路はるばる夏の京都に前日入りし、第5ステージで行います「Agnus Dei」の練習を行いました。
総勢約140名による大合唱です。
当団技術顧問の伊東恵司先生の指揮の下、どんどん音楽がまとまり、明日の演奏が非常に楽しみな物となりました。
明日のサマーコンサートでは当日券の販売も行っています。
ご予定が空いている方は是非足をお運びください。
それでは、明日お会いできること、楽しみにしております。
IMG_2149 (1).jpg

2013年8月21日

こんにちは。幹事長の小渕崇裕です。8/20~21に2013年度後期総会を執り行いました。
今回の総会では、マネージャーサブの所信表明と役職の新設について決定しました。
○新任のマネージャーについて。
以下の役職に新たにメンバーは追加されました。
・バリトンサブパートリーダー…正木伸吾(Baritone、2回生)
・東西四大学合唱演奏会担当外政サブ…山口巧(Baritone、2回生)
・京都担当外政サブ…森下拓矢(Secound、2回生)、間宮樹(Baritone、2回生)
・会計サブ…藤井隆亮(Bass、2回生)、久保雄一(Bass、2回生)
・ステージマネージャーサブ…西垣友裕(Baritone、2回生)
以上5役職7名です。
○新設の役職について
以下の役職の名称を変更し、新たな業務内容を追加しました。
・資料・備品担当(←旧資料担当)…BOX内備品の管理等の業務を追加
・広報担当(←HP担当)…演奏会等のPR活動等の業務を追加
以上となります。
今後益々精力的に活動し、皆さまに音楽を通じて感動を送れるよう、尽力いたします。
それでは失礼しました。

2013年3月15日

みなさん、こんにちは。幹事長の小渕崇裕です。

3月15日に行われた文化系公認団体表彰式ににて、我々同志社グリークラブは「学生支援センター優秀賞」を戴きました。
昨年度に引き続き、このような賞を戴くことができたこと、大変うれしく思います。

毎年、5分ほど、アピールタイムとして各団体の活動内容を報告する時間が設けられています。
様々な団体のアピールを拝見させていただき、同志社大学のバイタリティを肌で体感する時間となりました。

ちなみに我々は合唱を披露しようということで、「Slavnostni Sbor(祝典讃歌)」を演奏いたしました。

また、式典の後に行われたレセプションでは支援課の方から「自由にアピールして良し」という合図をいただき、一番乗りで歌わせていただきました。ここでは、宮城県民謡「斎太郎節」や応援歌「若草萌えて」を歌い、多くの方に男声合唱の魅力をお伝えできた、と感じております。

このような賞をいただくと感じるのが、日ごろの我々の活動は多くの方々によって支えられているのだな、ということです。
OBの皆様を始めとして、指導して下さる先生方や団員の御家族、何より、我々の演奏を楽しみにして下さる皆様、本当にありがとうございます。
これからも同志社グリークラブは「聴衆と一体となった音楽」を目指して、ひたむきに頑張ってまいりますので、御指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

2013年1月23日

HPご覧の皆様、こんにちは。2013年度幹事長の小渕崇裕です。
1/12、及び1/19にて、2013年度の前期総会を行い、新体制が発足しましたことをお知らせいたします。
以下、今年度の執行体制となります。

====================================

【三役】
・幹事長…小渕崇裕(法④)
・学生指揮者…長谷川裕也(法④)
・内政…小椋洋介(法④)

【技術系】
・トップテノールパートリーダー / 同サブ…長谷川裕也(法④) / 安村眞也(法③)
・セカンドテノールパートリーダー / 同サブ…松本瞬(法④) / 梅野哲平(理工③)
・バリトンパートリーダー…奈須浩泰(理工④)
・ベースパートリーダー / 同サブ…荒木泰人(法④) / 弓中光雄(理工③)

【マネージャー系】
・東西四大学合唱演奏会担当外政 / 同サブ…江川裕和(経済④) / 武田直大(文③)
・京都担当外政 / 同サブ…高田秀平(法④) / 渡辺愛(理工③)、金澤陽貴(経済③)
・大阪兵庫担当外政…外山英寿(理工④)
・ステージマネージャー / 同サブ…小松佑史(理工④) / 鈴木寛弥(理工③)
・会計 /同サブ…市川燿(理工④) / 伊藤晃大(経済③)、澤田拓弥(理工③)
・全同志社メサイア演奏会実行委員…金澤陽貴(経済③) / 伊藤晃大(経済③)

【三役候補】
・副幹事長…小林聖(理工③)
・学生副指揮者…安村眞也(法③)
・内政サブ…多治見眞孝(理工③)
・主務…横山将之(経済②)

【その他】
・HP担当…小渕崇裕(法④)
・資料担当…長谷川裕也(法④)、荒木泰人(法④)

※○内の数字は2013年度での回生を指しています。
※チーフマネージャーは江川裕和(東西四大学合唱演奏会担当外政)、夏期演奏会担当は外山英寿(大阪兵庫担当外政)となりました。

===========================================

以上のようになりました。
本年も様々な場面で活動をしていきたいと思います。変わらぬご声援、御支援のほど、よろしくお願いいたします。

2011年3月14日

11日に発生しました東北地方太平洋沖地震によって

被害を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます。


合唱祭の会場へ向かうバスから、災害救援に向かう

自衛隊の車両と何台もすれ違いました。

今この瞬間にも、多くの方々が救援活動に

従事して下さってる事に対しては感謝の念に堪えません

幹事長の松本啓志です。

昨日3月13日に兵庫県加東市で開催されました、

「加東市合唱祭」に22名の団員と共にゲスト合唱団として参加させて頂きました。

一昨日を通して加東市は大変空気が美味しい素晴らしい

場所であると同時に、住んでおられる方々が大変暖かいことも感じました。

皆様方から受けたもてなしに部員一同大感激しております。

あらためましてこの場で感謝申し上げます。ありがとうございました。

ステージでは以下の7曲を演奏いたしました

・Hail Our Glee Club

・いざ起て戦人よ

・Heilig

・The Lord is My Shepherd

・Ave Maria

・赤とんぼ

・Doshisha College Song

フィナーレには合唱祭に参加された男性女性合わせて260余名の皆様で、

「夢の世界を」と「大地讃頌」を大合唱し、

アンコールでは会場の皆さんと一緒に「ふるさと」を斉唱いたしました。

sSANY0079.jpg

集合写真

sSANY0098.jpg

奈良交通さんにお世話になりました

sSANY0082.jpg

加東市 やしろ国際学習塾 LOCホール 全景

sSANY0054.jpg

ホール内

sSANY0080.jpg

集合写真


sSANY0068.jpg

カルテットメンバー 幕間演奏のリハーサル
 

sa.jpg

 帰路のバス乗車前にカレッジソングを演奏

sSANY0092.jpg

皆様にお見送り頂きました

sb.jpg

バスが見えなくなるまで見送って頂きました

2010年10月12日

幹事長の西田です。
我々同志社グリークラブは11日(月・祝)、第65回関西合唱コンクール大学部門Aグループ(32人以下)に出場しました。

Aグループは全部で8団体出場しており、我々はその中で一番最初に演奏いたしました。
課題曲で「Si quaeris」(F.Poulenc作曲)、自由曲で「Kyrie」(S-D.Sandstrom作曲)、marjamaa ballaad(J.Kaplinski作詩・V.Tormis作曲)を演奏いたしました。
結果は金賞2位。
金賞1位は我々と同じ男声合唱団の立命館大学メンネルコールでした。
全国大会出場が叶わなかったことは非常に悔しく、部員一同落胆していましたが、本番までの過程と本番で得られたことはかなり大きかったのではないかと感じております。

本番までの2週間は特にもがきにもがき、最後の一週間では特に1回生の顔つきが戦う顔に変わったのをはっきりと感じました。本番での演奏が金賞1位に届く音楽ではなかったことは事実ですから受け入れるしかありません。しかし僕がこのコンクールを通じて感じたことは、自分たちが納得のいく音楽をしたか?、自分に嘘をつかずに納得いくまであがいたのか?相対的な結果がどうであれ、自分自身にとって絶対的にどうであったか?みたいなものが大切なのではないかということです。
次の大きな演奏会である定期演奏会でも曲数は増えますが、本番直前まであがいて、自分に嘘をつくことなく納得できるような演奏をします。

 

最後に僕の4年上のI先輩から現役への激励をいただきましたので書いておきます。
「後悔するぐらいなら、反省すべし」
以上です。
最後にコンクールにご支援、ご声援賜りましたすべての関係者様に厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

2010年9月10日

幹事長の西田です。

夏合宿が無事終わりました。コンクールに向けて大きく前進したように思います。

話は変わりますが、9月26日(日) 14時30分~16時 京阪電車「三条駅」 地下1階コンコース内(改札近くの階段)にて我々、演奏することになりました。
これは、同志社135周年と京阪電車100周年記念のコラボイベントの一環で、我々同志社グリークラブと同志社大学マジック&ジャグリングサークルHocus-Pocusが出演します。
野外でのこのようなライブはめったにありません。
我々の演奏は14時40分頃から約30分間の演奏になります。当日は駅の構内放送で14時30分頃からアナウンスがありますので、良かったら足をお運びください。
もちろん無料です。ではでは。

2010年8月18日

同志社グリークラブ幹事長の西田です。 11日から15日の5日間の演奏旅行が無事終了いたしました。僕自身演奏旅行は1回生のときに軽井沢にいったのが最後で今回は静岡、横浜に行ってまいりました。

 

老人ホームでのお座敷、静岡演奏会、横浜でのジョイントコンサート、どれをとっても良い経験になりました。今回得たことを活かして、来る関西コンクール、定期演奏会に立ち向かってこうと思います。最後に、今回の演奏旅行をご支援賜りました同志社静岡クラブ様、同志社グリークラブOB会の皆様、本当にありがとうございました。