同志社グリークラブ 公式ブログ

2014年6月9日

6月7日は、四連に向けた最後の同関合同練習でした!!

練習するたびに「いい曲だなー」と思える合同ステージ曲「まだ見ぬあなたへ」
関東組(早稲田・慶応)のみなさんと歌うとどのような音楽が生まれるのでしょうか!!
歌い手側もとても楽しみです。
まだ四連のチケットをご購入出ないか方、お早めにお買い求めください。
今までで一番熱い四連演奏会にすべく、同志社グリークラブ一同、他の大学さんと協力しながら演奏会運営に携わってまいります。
よろしくお願いします。
関西組はとても賑やかです!!関学さん、素敵なグリーホールで歌わせていただきありがとうございました!

2013年1月14日

副幹事長の小渕です。

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変多くの方にお世話になりました。多くの方々に我々の演奏を聴いていただけ、非常に濃密な1年間を過ごすことができました。本当にありがとうございます。

 

さて、本年最初の演奏会、「第108期生のためのフェアウェルコンサート」をこの場を借りてお知らせさせていただきます。詳細は下記の通りです。

*******************************************************
 
第108期卒団生のためのフェアウェルコンサート
日時: 2013年216日() 16:30開場 17:00開演
同志社大学寒梅館ハーディーホール
(アクセス:京都市営地下鉄烏丸線今出川駅下車 徒歩1分)
 
入場無料(全席自由)
 
1st Stage
在団生・卒団生合同ステージ
 
2nd Stage
在団生ステージ
 
3rd Stage
卒団生ステージ
 
終演後、卒団記念式典とレセプションも予定しております。
 
*******************************************************
以上となります。

フェアウェルコンサートは、今までお世話になった先輩方を送る演奏会です。

卒団生の最後のステージを飾るにふさわしい選曲、ステージを用意いたしました。
合唱の楽しさだけでなく、卒団の感動を存分に伝えたいと考えておりますので、関係者の方だけではなく、一般のお客様にも多く来て頂きたいと考えております。
 
たくさんの方のご来場、ここからお待ちしております。
 
第108回フェアウェルコンサートビラ.png
 

毎年、曲目は在団生、卒団生互いに秘密にしております。どうぞ当日までお楽しみください。

 

2012年11月24日

こんにちは。副幹事長の小渕です。

11/24に富山で行われました、全日本合唱コンクールにて我々同志社グリークラブは大学部門銀賞を受賞を致しました。

たくさんの方々のご支援、ご指導ありがとうございました。

取り急ぎご報告まで。

 

 

2012年11月23日

toyama.jpeg

皆様こんにちは。四回生マネージャーの福田実奈です。
同志社グリークラブは11月24日に富山にて行われます全日本合唱コンクール大学部門に出場いたします。 
演奏時間は10時44分、大学部門4番目の出場です。
当団は、課題曲として「秋の瞳」から『はらへたまつていくかなしみ』(八木重吉作詩/松下耕作曲)を、
自由曲は先の四連でも演奏いたしました「感傷的な二つの奏鳴曲」より『落下傘』(金子光晴作詩/高嶋みどり作曲)を演奏いたします。
今日まで団員一同精一杯努力して参りました。何卒御声援の程よろしくお願い申し上げます。

2012年1月30日

全同志社メサイア演奏会での義援金に関する御報告

 昨年の12月24日(土)、京都コンサートホール大ホールにて行いました、『第47回全同志社メサイア演奏会』では、開場に2つの募金箱を設置いたしまして、「東北地方太平洋沖大地震被災地支援の義援金」のご協力を仰いでおりました。

御陰様で総計23,853円の義援金をお預かりすることが出来ました。

 ご報告が遅くなりましたが、お預かりいたしました義援金は、確かに日本赤十字社へ送金させて頂きましたので、ここにご連絡させて頂く次第です。詳細につきましては、以下の受領書をご確認下さい。

全同志社メサイア演奏会実行委員

日本赤十字社受領書.jpg

2011年3月12日

HPをご覧の皆様、こんにちは。新四回生学生指揮者の神谷亮太です。

 

昨日3月11日(金)14:46頃に発生しました「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々が一刻も早く救出されます事を切に願います。

 

この地震に関して我が団現役部員に被災した者はいませんし、今のところ部員の御家族等の被災という情報は耳にしておりません。その点につきましては内政として少々ホッといたしました。

 

しかしながら、OBの方々をはじめ、我が団の関係者の方の中にも被災された方がいらっしゃると思うと、何も出来ない事に忸怩たる思いがございますが、とりあえず私どもは「歌う事」に集中して今日も練習を行ってまいります。

 

最後になりましたが、これ以上被害が拡大せず、一日も早く復興が果たされますようお祈りいたします。

 

以上、新四回生学生指揮者の神谷でした。