同志社グリークラブ 公式ブログ

2013年11月30日

HPをご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

明日の「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」について、HPからのチケット購入を現時点を以て終了とさせていただきます。
沢山の方に御購入していただきました。誠にありがとうございます。
また、開場の13:30より、定期演奏会の当日券を京都コンサートホールにて販売いたします。
少数ですがS券もございますので、そちらよりお求め下さい。
京都コンサートホール大ホールにて、皆さまのご来場お待ちしております。
失礼しました。
glee.jpg
部員一同、皆さまのご来場、心よりお待ちしています。

2013年10月22日

HPご覧の皆様、こんにちは。幹事長の小渕です。

来月11/23(土)に我々同志社グリークラブは関西代表として「第66会全日本合唱コンクール」に出場します。
課題曲として「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詩、清水脩作曲)、そして自由曲に「ラグビイ」(竹中郁作詩、信長貴富作曲)を演奏します。
全日本の会場は千葉県文化会館(千葉市)、我々の出番は大学ユースの部の3番手(おおよそ10:30分頃)になります。
本番では会場にいるお客様に感動お届けできるよう、部員一同一生懸命練習いたします。
何卒ご声援の程、よろしくお願いします。
根性勝負.jpg

2013年10月3日

HP用.jpg

こんにちは。幹事長の小渕です。
本日は「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」の御案内をさせていただきます。
我々同志社グリークラブは来る12/1(日)に京都コンサートホール大ホールにて定期演奏会を行います。
本年は客演指揮者に浅井敬壹先生をお招き技術顧問の伊東恵司先生、第81代学生指揮者の長谷川裕也の3名の指揮と約70名の部員達によって、皆さまに熱い音楽をお届したいと考えています。
合唱ファンの方から合唱なんて聞いたことない!という方まで楽しんで戴けるステージ構成となっています。始めから最後まで休む暇もない、怒涛の演奏会を是非お楽しみください。
なお、チケットのお求めは当団HPからも可能です。その他にも電話での受け付けやメールでの受け付けも行っています。是非、ご都合のよい方法でお求め下さい。
===================================
「第109回同志社グリークラブ定期演奏会」
【日時】12/1 開演14:30 開場13:30
【場所】京都コンサートホール大ホール(市営地下鉄北山駅より、徒歩3分)
【ステージ構成】
1st コンクール報告ステージ
「ラグビイ」
(竹中郁作詞、信長貴富作曲)
指揮:伊東恵司(技術顧問)
2nd 技術顧問ステージ
「風に鳴る笛」
(谷川俊太郎作詞、高嶋みどり作曲)
指揮:伊東恵司(技術顧問)
☆同グリの為に改訂された2013年度版の関西初演
3rd 学生指揮者ステージ
「くちびるに歌を」
(ヘルマン・ヘッセ他作曲、信長貴富作曲)
指揮:長谷川裕也(第81代学生指揮者)
4th アラカルトステージ
「クリスマスの祈り」
☆当日まで選曲は秘密です。是非楽しみにお待ちください。
5th 客演ステージ
「水のいのち」
(高野喜久雄作詞、高田三郎作曲)
指揮:浅井敬壹(客演指揮者)
☆高田三郎生誕100周年を記念。
【お問合せ先】
TEL:090-3975-6562 (江川)
MAIL:teien109@softbank.ne.jp
FAX:075-251-4852
===================================

2013年10月1日

みなさん、こんにちは。幹事長の小渕です。

来る10/13、同志社グリークラブは伊丹ホールで行われる関西コンクールに出場します。
出演部門は、大学ユース部門(大人数の部)、出演順は最後の6番目になります。演奏時間は17:11頃を予定しています。
当団は課題曲としてM3「五月の貴公子」(萩原朔太郎作詞、清水脩作曲)、そして自由曲として「ラグビイ」(竹中郁作詞、信長貴富作曲)の合計2曲を演奏します。
この日の為に団員一同努力をしてきました。男声合唱の魅力をたっぷり詰め込んだ同志社グリーの演奏ができるよう、精一杯歌いますので、ご声援の程、よろしくお願いします。
根性勝負.jpg

2013年7月1日

梅雨も明け、ますます暑くなる日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。先日は第62回東西四大学合唱演奏会を成功の下終えることが出来、団員一同さらに意気軒昂と練習に精を出しております。

さて、またもや宣伝ですが、8月26日に我々主催のサマーコンサートがあります。以下詳細です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

《三大学グリークラブ サマーコンサート》

♪日時
  2013年8月28日(水) 開場17:30 開演18:00

♪場所
  同志社大学寒梅館 ハーディーホール

♪ステージ構成
1. 無伴奏女声合唱のための『うたおり』より
薔薇・崖・戦場・夕餉
・演奏:金城学院大学グリークラブ
作詩:みなづきみのり 作曲:松下 耕
・指揮:小原 恒久

2.男声合唱組曲『わがふるき日のうた』
・演奏:立教大学グリークラブ(男声)
作詞:三好 達治 作曲:多田 武彦
・指揮:重宗 昌樹

3.女声合唱曲集『うたをうたうとき』
・演奏:立教大学グリークラブ(女声)
作詞:長田 弘ほか 作曲:信長 貴富
・指揮:田中 翠 ピアノ:五十嵐 菜穂子

4.男声合唱とピアノのための『くちびるに歌を』
・演奏:同志社グリークラブ
・作詞:Hermann Hesseほか 作曲:信長 貴富
・指揮:長谷川 裕也 ピアノ:松井 萌

5.『Agnus Dei』
・演奏:三大学合同ステージ
・作曲:Samuel Barber
・指揮:伊東 恵司

♪入場料
  ¥1,000[全席自由]

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨年もサマコンに参加していただいた金城大学大学グリークラブさん、往年の同立で共演を果たした立教大学グリークラブさん、そして同志社グリークラブの三団体で、今年もサマコンを盛り上げます!

お仕事帰りの方、早めの夕食を終えられた方、宿題が終わってないけどまぁいいや…というかた(笑)は、是非ともご来場をお待ちしております。
以上、演奏会情報でした。

サマコンチラシ.jpg

2013年6月30日

こんにちは。学生指揮者の長谷川です。
今回は、先日行われた「第62回東西四大学合唱演奏会」についてご報告申し上げ
ます。

今回の四連は慶應義塾が幹事校で、東京開催でした。
開場は「すみだトリフォニーホール」。四連で使用するのは初めてでしたが、と
ても素晴らしい響きのホールで、心地よく演奏することができました。

我々が演奏したのは、高嶋みどり先生の『風に鳴る笛』という曲で、今回の演奏
に際して、何曲か新たに編曲していただきました。
最近の四連では、シリアスな曲を選曲することが多かった同志社ですが、今年は
さわやかな曲となりました。
特に終曲の「未来」は、伸びやかな旋律線が印象的な明るい曲で、人数増加傾向
にある同志社グリーの前途を暗示しているようでもあります。
ホールいっぱいに充実した和音を響かせるように努力いたしましたが、いかがで
したでしょうか。

合同ステージでは、辻博之先生の指揮で、千原英喜先生の『おらしょ』を歌わせ
ていただきました。
この組曲は「隠れキリシタン」というシリアスなテーマですが、辻先生のエネル
ギーに負けないように、全身全霊を込めて演奏しました。
ライブゆえのミスもありましたが、勢いある熱のこもった演奏になったのではな
いかと自負しています。

そして終演後はもちろん飲み会!
男だけの熱い本番は夜中まで続いたのでした……。

演奏会にご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました。
次の演奏会は、8月下旬の「三大学グリークラブサマーコンサート」です。その
ときまた皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
今後とも同志社グリークラブをよろしくお願いします。

2013年6月28日

HPをご覧の皆様,こんにちは。チーフマネージャーの江川裕和です。

取り急ぎ四連のチケット販売終了のお知らせを致します。

当HPの購入フォームを通じて,6月30日(日)の第62回東西四大学合唱演奏会のチケットを沢山ご購入頂き,篤くお礼申し上げます。

明日より東京に向かい、早稲田、慶應、関学の仲間達と合流します。

日本一熱い合唱演奏会、魂込めて演奏してきます。是非足をお運びください。

それでは、皆さま、いってきます。

以上,四回生チーフマネージャーの江川でした。

2013年5月14日

みなさん、こんにちは。幹事長の小渕です。

来る6/30に隅田トリフォニーで行います、第62回東西四大学合唱演奏会(以下、四連)の御案内をさせていただきます。

四連といえば、もはや男声合唱界の風物詩と言える演奏会です。
我々も「半期の集大成の演奏会」としてだけでなく、早稲田や慶應、関学の仲間たちと熱く歌声を交わす場として、「絶対にすごい演奏をしてやる!」という気持ちが前面に出てくる演奏会です。

今回、我々が演奏するのは、「風に鳴る笛」(作詞:谷川俊太郎、作曲:高嶋みどり)という曲です。
昨年も、我々は高嶋先生の「落下傘」を四連で演奏いたしました。今年も高嶋先生の作品で、近年の同志社グリーでは珍しい、さわやかな曲を演奏いたします。(実は終曲の「未来」を始め、大幅に改訂されています。お楽しみください。)

また、合同曲は千原先生の「おらしょ」を演奏させていただきます。先日よりこちらも練習が始まりましたが、大変素晴らしい曲となっております。偶然にも我々のOB合唱団、「クローバークラブ」も6/23に東京で千原先生の「おらしょ」を演奏いたします。
是非、両方聞き比べていただき、それぞれの「おらしょ」の良さを楽しんでいただければと思います。

以上となります。
四連のチケットのお求めは当HPのチケット購入フォームよりできます。
是非、東京で皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

toppage.jpg

2013年2月16日

こんにちは。学生指揮者の長谷川です。
今回は、先日行われた「第108期卒団生のためのフェアウェルコンサート」についてご報告申し上げます。

去る2月16日、卒団生のためのフェアウェルコンサートが、同志社大学寒梅館ハーディーホールで開催されました。
フェアウェルコンサートは、その名のとおり、今年度をもって卒団する先輩方との「別れ」のコンサートです。
今までずっと一緒に歌ってきた先輩方との別れはさみしいものですが、寂しさの中にあっても、未来への希望がみえる演奏会にしようと考えていまし た。
まず第一ステージは、在団生・卒団生合同で、「宇宙戦艦ヤマト」「Set down servant!」「Ain’a that good news!」「Ave Maria」「未来」の五曲を演奏致しました。

もはやアニソンの古典ともいえる「ヤマト」ですが、原曲の持つ雄々しさを表現できるのは男声合唱ならではでしょう。
また、黒人霊歌の2曲は独特のリズム感と重厚さを持っており、「これぞ男声合唱!」といったレパートリー。体育会系合唱団の異名(?)をもつ同志 社グリーのバイタリティを感じていただけたのではないでしょうか。
前の曲とは打って変わって、「Ave Maria」は厳かな宗教曲。作曲者のアルカデルトはルネサンス時代の作曲家ですが、単純な和音の中に込められた祈りの思いは、いつの時代も変わらぬもの でしょう。
そして終曲は、合唱曲として広く知られている「未来」でした。卒団される先輩方、新たな歩みを始めるグリークラブ両方の希望ある未来を願って歌い ました。親しみやすい旋律と、詩の持つ伸びやかさに共感された方も多かったのではないでしょうか。

続く第二ステージは「在団生ステージ」で、「くちびるに歌を」「乾杯」の二曲
を演奏致しました。
このステージは、卒団生が抜けたメンバーでの初めての演奏でした。
-くちびるに歌をもて、心に太陽をもて-
「くちびるに歌を」は、今をときめく作曲家である信長貴富さんの曲で、ロマン
ティックなメロディと歌詞が見事に調和した曲です。
「乾杯」は言わずと知れた長渕剛さんの名曲ですが、卒団される先輩方に向けた
はなむけの曲として演奏させていただきました。
部員ひとりひとりが様々な思いを持ってステージに臨みましたが、その思いは音
に結実して表現されていたのではないでしょうか。

第三ステージは「卒団生ステージ」で、卒団生の方々が、それぞれ思い入れのあ
る曲を歌われました。
このステージでは、演奏会での朋友・戦友である早稲田・慶應のメンバーが賛助
出演され、団員の友情を固さをあらためて感じました。
さらにOBの方も演奏に加わるなど、グリークラブの歴史を垣間見ることが出来る
ステージでした。

ステージ終了後には「卒団記念式典」が開かれました。
顧問・技術顧問の先生方や、OB会の先輩方からの祝辞があり、在団生卒団生双方
からの別れの歌が歌われました。

…そして感動のうちに式典は終了しました。
演目が終わったあとはレセプションが開かれます。
この中では、毎年団員の学年別による演奏が披露され、部員達の成長を見ること
ができました。
先輩として、後輩達が成長しているのを見ることは、非常にうれしいものです。

レセプションが終わったあとはもちろん宴会です!
小学校の校長の挨拶よろしく、「宴会が終わるまでが演奏会です」というのが
我々のモットー(…)ですが、今回はここで筆をおくことにしましょう。

演奏会にご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました。
新体制となった同志社グリークラブを、これからもどうぞよろしくお願いします。

sfarewell108-201.jpg

卒団生、在団生合同ステージの写真です。先輩方と歌う最後の機会となりました。

sfarewell108-231.jpg

卒団式の写真です。グリーライフで最も感動する瞬間です。

 

 

 

2012年12月24日

 HPをご覧の皆様、こんにちは。

2012年度全同志社メサイア演奏会実行委員長の江川裕和です。

去る12月24日に第48回全同志社メサイア演奏会が、京都コンサートホールで開催されました。

今回は第44回演奏会でもお呼びした、東京シティ・フィルハーモニックの飯森泰次郎先生に指揮を振って頂きました。合唱、オーケストラ共に演奏に大変熱の入れた演奏会となりました。

練習では先生に叱咤激励されつつも、演奏会を成功させることが出来、また1500人を超えるお客様にご来場頂けたことは、演奏会の委員長としても冥利に尽きる思いです。

先生方、関係者の皆様、そしてご来場頂いた多くのお客様、本当に有難うございました。
年始から、大学では試験に向けて忙しくなり、またグリークラブも2月にはフェアウェルコンサートを控えております。
より一層、みなさんにいい演奏をお聞かせできるよう、精進してまいります。
 
それではみなさん、よいお年をお過ごしください。
 
00表1クリスマス金.jpg