同志社グリークラブ 公式ブログ

2012年12月15日

こんにちは。学生副指揮者の長谷川です。
今回は、先日行われた定期演奏会についてご報告申し上げます。

去る12月15日、同志社グリークラブ第108回定期演奏会が、京都コンサートホール大ホールで開催されました。
同グリが京都コンサートホールで定期演奏会を開くのは、実に4年ぶりのこと。

「一体どのような演奏会になるのか。」
部員一同、心中は不安と期待でいっぱいでした。
そんな中迎えた演奏会本番。
第一ステージは、学生指揮者の藤井研二郎により信長貴富先生の『新しい歌』を演奏致しました。
曲の雰囲気に応じて照明を変化させるなどの趣向も加えながら、「歌」の持つ魅力や、男声合唱の力強さを伝えられるよう心がけました。
第二ステージは、『雨ニモマケズ』を男声版初演致しました。千原英喜先生の大人気曲集ですが、男声版ではまた違った雰囲気が感じられたのではないでしょうか。
組曲のすべてが「別れ」をテーマとしていますが、この演奏会で卒団させる4回生の方々との姿と重ねあわさり、大いな共感を持って歌うことが出来ま した。
第三ステージでは、Christmas around the worldということで、様々な国のクリスマスソングを演奏致しました。
よく知られている賛美歌や、パーカッションを用いた演出などもあり、観客の皆さまにも楽しんでいただけたのではないかと思います。
そして、第四ステージでは、同志社グリーの大先輩である浅井敬壹先生に、鈴木憲夫先生の『永訣の朝』を振っていただきました。
浅井先生の音楽に対する情熱と、藤澤篤子先生の素晴らしいピアノに応えられるよう、全身全霊を尽くして演奏に臨みました。
音楽とは何か、表現とは何かということに真剣に向き合った演奏になったと自負しておりますが、いかがでしたでしょうか。

演奏会を開催するにあたりまして、実に多くの皆様のお世話になりました。
OB会の皆様や指導陣の先生方、演奏会運営にご協力頂きました関係者の皆様、そして演奏会に御来場下さった全ての皆様に数多くのご支援を頂きまし た。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

もうすぐ年末、新しい年を迎えますが、グリークラブは毎年新しく生まれ変わっています。
さらなる高みを目指して精進する同志社グリークラブの演奏、どうぞご期待ください!
どうか今後とも同志社グリークラブにご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 
glee108-012.jpg
 
 
 
 

2012年10月1日

108th.jpg

秋涼の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、大変お待たせいたしました。
只今「チケット購入フォーム」にて第108回定期演奏会のチケットを販売しております。
昨今の団員数低迷を乗り越え4年ぶりの京都コンサートホールでの開催、
そして長年合唱界をリードしてこられた浅井敬壹先生を客演指揮者に迎え、
満を持して新生同志社グリークラブとして定期演奏会に臨みます。
皆様是非ともご来場の上、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第108回同志社グリークラブ定期演奏会

【日時】2012年12月15日(土)

17:00開場 18:00開演 (A席のみ16:30より座席券交換)


【会場】京都コンサートホール 大ホール


【入場料】

・S席[事前座席指定]¥2,000

・A席[当日座席券交換]¥1,500

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
同志社グリークラブマネージャー  福田 実奈

2012年9月1日

HPをご覧の皆様こんにちは。四回生マネージャーの福田実奈です。

来る8/26(日)に開催致しました『三大学合唱団合同サマーコンサート』について
御報告致します。
まず初めに、当日ご来場くださった皆様に厚く御礼申し上げます。

今年のサマーコンサートは当団主催で、混声合唱団である北海道大学混声合唱団、そして女声合唱団である金城学院大学グリークラブとの三団で男声・女声・混声のジョイントコンサートとなりました。

北海道大学混声合唱団は千原英喜先生の『雨ニモマケズ』より告別(1)、告別(2)
をとても伸びやかで澄み渡る歌声で披露してくださいました。

金城学院大学グリークラブはWernerの「野ばら」、女声合唱曲集『笑いのコーラ
ス』より春風、贈り物、百八歳までを、瑞々しく美しい女声合唱の調べでホール一杯に咲かせておられました。

そして当団単独ステージでは学生指揮者藤井研二郎による、信長貴富先生作曲の
男声合唱とピアノのための『新しい歌』を全曲通して演奏いたしました。
この組曲では「うた」をテーマとする5つの詩がテキストに使われています。我々は各作品の精神世界へと迫ることができたでしょうか。

この『新しい歌』は12/15(土)に行われる第108回定期演奏会でも披露いたします。お楽しみください。

また、合同ステージでは学生合唱のための『スチューデント・ソングブック』より抜粋で洋の東西、時代の新旧を問わない名曲の数々を女声合唱、男声合唱、そして混声合唱でお送りしました。
この「青本」ともいうべき大学生の必修科目である曲集を編纂者の一人でもある伊東恵司先生と金城学院大学グリークラブ指揮者の小原恒久先生両名の華麗な指揮で演奏いたしました。

今年のジョイントコンサートでは混声合唱団、女声合唱団の皆様とご一緒するという大変貴重な経験をさせて頂きました。
共に歌った仲間たちに深く感謝すると同時に、改めまして当日会場までお越しくださった皆様に厚く御礼申し上げます。

2012年8月21日

みなさん、こんにちは。副幹事長の小渕です。

8/26に当団主催で行います、「三大学ジョイントコンサート」のチケットについてですが、前売り券を完売いたしました。

ご購入いただいた方、本当にありがとうございます。

部員一同、誠心誠意演奏いたしますので、ご購入いただいた方は是非お越し下さい。

また、当日券について、わずかですが、販売しております。
もし当日券をお求めの方いらっしゃいましたら、早めに会場の方へお越し下さい。

 

それではみなさん、サマーコンサートでお会いしましょう!

 

2012年5月21日

こんにちは、副指揮者の長谷川です。
5/21に、京都合唱祭で演奏する曲を練習しました。
曲目は当日のお楽しみ、といったところでしょうか。

京都合唱祭はフレッシュの大切な初舞台。練習にも気合いが入ります。
本番は楽譜なし(=暗譜)で臨みますので、みんな必死に。
ちなみに我が団では、毎年合唱祭にはお揃いのTシャツでオンステしています。
デザインも部員が行っていて、毎年担当部員のセンスが問われています(笑)。

我々は6月10日の出演予定で、場所は八幡市文化センターとなっています。
フレッシュを交えて、常に進歩し続ける同志社グリークラブの演奏、どうぞお聴きください!

 

sDSCN3738.jpg

 

2011年12月11日

HPをご覧の皆様,こんにちは。四回生の神谷亮太です。

 去る12月10日(土),同志社大学寒梅館ハーディーホールにおいて『第107回同志社グリークラブ定期演奏会』を開催致しました。

 第1ステージは,川崎洋の詩による五つの男声合唱曲『やさしい魚』(作詩:川崎洋,作曲:新実得英)を私の指揮で演奏致しました。
 サマコンでも演奏致しましたが,コンクール練習を通じてより磨きのかかった演奏がお届けできたのではないかな,と思います。

 第2ステージは,『A la carte!!』,第3ステージは『Christmas songs』と題して,技術顧問の伊東恵司先輩に指揮をして頂きました。
 コンクールで演奏した曲の作曲家,木下牧子先生と松本望先生の作品を中心とした第2ステージと,昨年度に引き続き編曲を松波千映子先生にお願いした第3ステージ,ともに聴衆の皆様にも馴染みのある作品が多かったのではないでしょうか。

 第4ステージは客演指揮者に清水敬一先生をお迎えし,男声合唱組曲『クレーの絵本 第2集』(作詩:谷川俊太郎,作曲:三善晃)をお送りしました。
 日本を代表する合唱指揮者の清水先生に,三年振りに指揮をして頂けたことは,部員一同素晴らしい経験となったことと思います。

 この場をお借りして,御来場頂きました皆様にお礼申し上げます。

 さて,四回生はこの定期演奏会にて第一線を退きます。
 思い返せば過去最小人数の回生として幾度も壁にぶつかりましたが,先輩方に励まされ,後輩達に支えられながらどうにかこうにか乗り越えて参りました。
 そして団外においても,OB会の皆様や指導陣の先生方,演奏会運営にご協力頂きました関係者の皆様,そして演奏会に御来場下さった全ての皆様に数多くのご支援を頂きました。
 この場をお借りして,回生を代表して厚く御礼申し上げます。本当に有難うございました。

 今日から,現三回生を執行学年とする新しい同志社グリークラブの活動が始まります。

 彼等の輝かしい未来に想いを馳せつつ,筆を置くことに致します。

 それでは,さようなら。

 以上,四回生の神谷でした。

sPC100176.jpg

sPC100183.jpgsPC100184.jpgsPC100186.jpgsPC100187.jpgsPC100190.jpg

2011年12月7日

HPをご覧の皆様,こんにちは。四回生学生指揮者の神谷亮太です。

ご報告が大変遅くなりましたが,先月の全日本合唱コンクールの結果について,また目前に迫りました定期演奏会についてブログを更新致します。

まず,全日本合唱連盟主催の『第64回全日本合唱コンクール全国大会』の大学部門が11月19日(土)に青森市文化会館にて開催され,我が団は関西代表として出演致しました。

その結果,二年ぶりの銀賞を受賞致しました。目標としていた金賞に手が届かなかった点は学生指揮者として責任を痛感していますが,コンクールに向けた練習を通じ部員の基礎的な技術力は確かに向上し,非常に良い経験となったように思います。

関西大会から全国大会に至るまで,ご支援頂きました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。有難うございました。

次に,今週末に迫りました定期演奏会のお知らせです。

来る12月10日(土)に『第107回同志社グリークラブ定期演奏会』を下記のとおり開催致します。

====================================
第107回同志社グリークラブ定期演奏会
日時…2011年12月10日(土)
開場…16:45 開演…17:30
場所…同志社大学寒梅館ハーディーホール
   (地下鉄今出川駅2番出口から北へ徒歩2分)
入場料…1000円(全席自由)
====================================

詳細は当HP『演奏会情報チケット購入』ページをご覧下さい。
また既に沢山のお申し込みを頂いていますが,チケット購入は『チケット購入フォーム』からお申し込み頂けますのでどうぞご利用下さい。

御来場を心よりお待ちしております。

以上,四回生学生指揮者の神谷でした。

表彰状受け取り.jpgホール全景.jpg結果発表前.jpg寒梅館前.jpg

2011年10月21日

HPをご覧の皆様,こんにちは。四回生学生指揮者の神谷亮太です。

ご報告が遅くなりましたが,先日の関西合唱コンクールについて,ブログを更新致します。

関西合唱連盟主催の『第66回関西合唱コンクール』<第64回全日本合唱コンクール関西支部大会>の大学部門が10月10日(月)に開催され,我が団はBグループ(大編成の部)に出演致しました。

我が団は,課題曲として,男声合唱組曲「恋のない日」から『隕石』(詩:堀口大學,曲:木下牧子),また,自由曲として,男声合唱とピアノのための組曲「天使のいる構図」から『?.Capriccio』『?.Tempestoso』(作詩:谷川俊太郎,作曲:松本望)を演奏致しました。

その結果,一位金賞を受賞し来月青森にて開催される全国大会に出場できることとなりました。
ご指導ご支援を頂きました関係者の皆様に,厚くお礼申し上げます。本当に有難うございました。

関西代表として磨きのかかった演奏を全国大会で出来るようにこれからも練習に励んでまいりますので,今後とも変わらぬご支援を宜しくお願い致します。

それでは今日はこのあたりで。

以上,四回生学生指揮者の神谷でした。

神谷亮太


表彰式.jpg

審査結果.jpg

2011年8月27日

HPをご覧の皆様,こんにちは。四回生学生指揮者の神谷亮太です。

先日開催致しましたサマーコンサートについてご報告致します。

去る8月24日(水)に『四大学男声合唱団サマーコンサート』を京都府民ホールALTIにて開催致しました。

今年のサマーコンサートは我が団が主催校となり,北海道大学合唱団,横浜国立大学グリークラブ,信州大学グリークラブとのジョイントコンサートとなりました。

我が団単独のステージでは今年のフェアウェルで一部演奏した,新実徳英先生の『やさしい魚』を全曲通して演奏致しました。
一曲目『感傷的な唄』の冒頭では私の未熟な指揮故にいくつかミスもありましたが,松井萌先生の素敵なピアノに助けられながら部員一人一人が丁寧な演奏を心掛けてくれたおかけで,終曲『やさしい魚』ではなかなかの演奏をお届け出来たかと思います。

また合同ステージでは信長貴富先生の『Fragments〜特攻隊戦死者の手記による〜』を演奏致しました。
太平洋戦争時に鹿児島の知覧から飛び立った特攻隊員の方々の手記を断片的に用いたこの作品を,私達のような若者がこの8月に歌う事が出来たのには,とても記憶に残る機会となりました。
当日は作曲家の信長先生にも御来場頂き,演奏後に感想を頂けた事も,各団の部員にとって貴重な経験となったことでしょう。

さて以上,演奏会の内容について軽くご説明しましたが,ここで一つお詫びがございます。
今回の演奏会では運営面(マネジメント面)においていくつかのミスがあり,御来場頂いた皆様に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
お忙しいなか演奏を楽しみに御来場頂いたにも関わらず,私共の不手際で不愉快な思いをさせてしまいましたこと,悔やんでも悔やみきれません。
部を代表致しまして,深くお詫び申し上げます。
今回の失敗を重く受け止め,二度と同じ過ちを犯さぬように,執行部一丸となって対策を講じて参りますので,今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

それでは今日はこのあたりで。

以上,四回生学生指揮者の神谷でした。

sSANY0013.jpg

「前日の新町練習場での合同練習風景」

 これだけの大人数の為、冷房が全く効きませんでした